2015年04月07日

南北カレー祭り! - Jhad Pul(ジャッド プール)

昨年9月に彗星のごとく円山にオープンした南北のインドカレー店Jhad Pul(ジャッド・プール)さんに行ってまいりました。

Jhad Pul 入り口1.jpg

このJhad Pulさんは、円山と旭ヶ丘の間、西25丁目通りから細い仲通りを入ったところにある民家を改修したお店。はっきり言って場所を知らないと一回で行くのは難しい隠れ家的なお店です。

そして、このJhad Pulさんの特徴としては、一般的なインドカレーのイメージの強い北インドカレーと、ヘルシーなインドカレーとして最近人気の南インドカレーの両方のカレーが楽しめるお店。その上、それぞれのカレーのレベルが高い!これは、探してでも行く価値はあります。

ですから、メニューには北インドカレーと南インドカレーの両方がたくさん載っています。特に、札幌では珍しい北インドのカレー定食というべきディナー・ターリー(2,300円)や南インドのカレー定食のディナー・ミールス(2,300円)が常に食べられるのがうれしい限り。

今回は、このJhad Pulさんで、スペシャルなカレーを堪能しようとカレー好きが集まりました☆

まずは、先日から登場し始めた南インドの軽食の代表メニューマサラドーサ(750円)を前菜(?)として注文です。

Jhad Pul マサラドーサ(750円)

この豆や米のペーストを発酵させてクレープ状に焼いたドーサが美しい。その中にはポテトマサラが詰め込まれており、ココナッツチャトニやサンバルを付けながら食べます。ドーサはモチモチしていて見た目よりも重たい食べ応え。ポテトマサラも美味しく、これだけでも結構満足です。

ですがしかし、今日のメインはここからです!

Jhad Pul マトンビリヤニ&ディナーターリー&ディナーミールス

完全予約制で3名分以上から注文のマトン・ビリヤニ(1,800円/人)をメインに、ディナーミールス(2,300円)とディナーターリー(2,300円)の南北インドの定食がそれぞれ並ぶ、盆と正月が一緒に来たようなお祭り状態。これは壮観です。

マトンビリヤニは、サフランの高貴な香りにスパイスやラムの旨みが合わさり、贅沢な味わいです。そして、一緒に出てきたビリヤニグレービーやライタというヨーグルトソースと合わせると、また味わいが変わって旨い。ミールスやターリーも数種類のカレーや主菜がたっぷりと味わえて、どれも美味しい。みんな無言で貪り食ってました(^^;

さらに、単品でチキン65なんかも堪能して、大満足のカレー祭りでした☆

こんなに贅沢をしてしまって、満足感とともに罪悪感も感じずにはいられないくらい、豪勢な食事でした(^^;


店名:Jhad Pul(ジャドプール)
住所:札幌市中央区南6条西24丁目3-21
電話:011-520-4600
営業時間:11:00〜15:00, 18:00〜22:00
定休日:不定休(ホームページで確認可能)
ホームページ:https://www.facebook.com/jhadpul

※ 本情報は2015年04月07日現在のものです

posted by ふすか at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

シシの日なので - 天竺Jr.

4月4日ということで、東区のスープカレー店天竺Jr.さんに行ってまいりました。

天竺Jr entry

前回のレビューはこちら

この天竺Jr.さんは、東区役所方面から札幌中央郵便局の裏の卸センターに抜ける斜め通り、いわゆるファイターズ通り沿いに位置しているお店。店内は、暖色系の内装に統一されていて、なかなかポップな雰囲気のお店。

そして、4月4日はシシの日、つまりシシカバブの日ということで、シシカバブで有名な天竺Jr.さんにやってきました☆

この天竺Jr.さんは、北海道マハラジャカレー(1,050円)を筆頭に、ラムラーに大人気のキーマカレー(950円)やシーフードカレー(1,400円)など、多彩なメニューが取り揃えられております。

そんな中から、当然のごとくシシカバブが2本入ったシシカバブカレー(1,000円)を辛さはV2で注文しました。さらに豪勢にシシカバブ(160円)をもう一本追加し、さらにラムキーマ(160円)までトッピングしちゃいました。

天竺Jr. シシカバブカレー(V2 1000円) シシカバブ(160円) ラムキーマ(160円)

最近は、マンスリーカレーばかりだったので、この黒い器は何か新鮮(^^; そして、ぐつぐつ煮立った褐色のさらさらタイプのスープが見えないくらいの具材の量。流石に3本のシシカバブはやりすぎました(笑) まず、スープの方は、安定のスパイス感たっぷりのパワフルなスープ。それに、ラムの味わいが加わって、鉄板の美味しさです。

そして、具材のシシカバブはラムの旨みとスパイスが効いていて、間違えなく旨い!さらに、ラムキーマやジャガイモ、人参、ナスにレンコン、オクラに味付たまごなども入っていて盛りだくさんでした☆

今年も、十二分にシシカバブを堪能させていただきました♪

店名:南インドスープカレー 天竺Jr.
住所:札幌市東区北7条東3丁目 タウンローヤル73 1F(ファイターズ通り沿い)
電話:011-711-1008
営業時間:11:00〜21:00
定休日:火曜
ホームページ:http://www.jr-tenjiku.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年04月04日現在のものです

posted by ふすか at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

ワイルドな味わいのエゾシカ肉 - 五○堂

久々に僕の好きなスープカレー店の一つ、五○堂(ごまるどう)さんに行ってきました♪

五○堂 入り口 150403

前回のレビューはこちら

この五○堂さんは、中島公園の前を通る山鼻9条通りと石山通りとの交差点の北東のブロック(市内中心部側)に位置するスープカレー店。店舗の隣に専用駐車場があるので、車で行けるのは大変ありがたいです☆

この五○堂さんのメニューはスープカレーインドカレーの2タイプのカレーからチョイス出来、スープカレーメニューではチキンカリー(1,000円)や特選シーフード(1,350円)などが取り揃えられており、インドカリーメニューでは、チキンカリー(900円)やなすチーズチキン(1,200円)などその日の気分で選択出来ます。もちろんカレーも辛さを1番から7番以上(7番から+100円)まで選べます。そして、土日も含めて11:00〜15:30まではランチタイムですべてのカレーにサラダが付き、さらに特別価格のランチメニューも揃えられています。

さらに五○堂さんでは、毎日のように旬の食材を使用した限定カレーがあるのも魅力の一つ。今回はその限定カレーのエゾシカのインドカレー(1,100円)があるということで、辛さは6番(超激辛)で注文しました。

五○堂 エゾシカのインドカレー(6超激辛 1100) 150403

久々に食べたインドカレーは、鋭いスパイス感で本格的な味わい。スープカレー店でここまでのレベルのインドカレーが食べられるのが五○堂さんの魅力の一つですね。そのスパイシーなインドカレーに強火でカリッとソテーされたエゾシカ肉がゴロゴロと乗っています。獣臭さは感じないエゾシカ肉は、香ばしくって弾力もあり、旨いの一言。他にレタスやドライトマト、パプリカにジャガイモやニンジンも入って、リッチな具材の一皿でした。

このエゾシカで、今シーズンの仕入れはおしまいらしいですが、大量に仕入れて現在熟成中ということで、近日中に再びエゾシカを食べる機会があるらしいです。限定メニューの情報が発信される五○堂さんのTwitterFacebookを要チェックですね☆

店名:カリー乃 五○堂
住所:札幌市中央区南8条西10丁目1277-37 カネトモビル2 1F
電話:011-513-1550
営業時間:11:00〜16:00, 18:00〜22:00(土日祝日 通し営業)
定休日:木曜
ホームページ:http://gomarudo.jimdo.com/
より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年04月03日現在のものです

posted by ふすか at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

4月1日 冗談カレーの日 - デストロイヤー

中央区のスープカレー店カレー魂 デストロイヤーさんへ行ってきました。

デストロイヤー 入り口 150401

前回のレビューはこちら

このデストロイヤーさんは、札幌医科大学の裏通りでもある南4条の通り沿い、オレンジ色の看板が目印のお店。そして、店内は、落ち着いた基調で統一されていて、壁には限定カレーやポスターなどが所狭しと貼られ、レゲエが流れる村上ワールドが展開されてます♪

通常レギュラーメニューは、全品1,000円に統一されており、平日のランチタイム(11:30〜14:30)だと800円でいただけます。そして、辛さは0番から100番(21番以降は通常ランチタイムのみ有料)まで選択可能です。

このデストロイヤーさんはこの4月1日で11周年を迎えられ、そのオープン記念日は全カレー500円でいただくことができます。そして、4月1日はエイプリルフールでもあることから、この日限定で冗談のようなカレー、通称冗談カレーが登場します。また、姉妹店のプルプルさんは今日で20周年を迎えられます☆

そこで、今回は全品500円ということで調子に乗って、期間限定メニューの南印風エビチリカレー!(500円)を辛さ50番(+50円)に加えて、今年の冗談カレーぎょにそキーマカレー!(500円)も辛さ50番(+50円)の2皿で注文しました。

デストロイヤー 南印風エビチリカレー!(50番 500 50円) ぎょにそキーマカレー!(50番 500 50円)

写真手前が南印風エビチリカレーです。赤褐色のややとろみの感じられるみためはいつも通りですが、いつものスパイシーな味わいに加えて、ライトな酸味がプラスされていて、これは面白い。確かにエピチリソース的な味わいが感じられます。具材も小ぶりなエビが結構いっぱい入っていて、さらに食感のよいレンコンにニンジン、ジャガイモ、グリンピース、チンゲン菜やネギが入っています。これはこれで、冗談のような美味しさのカレーです(笑)

そして、今年の冗談カレーのぎょにそキーマカレーが写真の奥です。いつものスープですが、さらに山椒のようなピリピリした感じもほのかに感じられよりスパイシーに仕上がっています。そして、冗談のネタ、ぎょにそとは魚肉ソーセージのこと。魚肉ソーセージをキーマ(=挽き肉)のように(?)ちぎってスパイシーに味付けられたものが、これでもかと入っています。これは、旨みがあって美味しいですよ。さらに、食感のよいキクラゲやヤングコーン、カリフラワーに加え、ジャガイモやニンジン、ピーマンなんかも入って満足感のあるカレーに仕上がってます。

ただ、ちぎったソーセージでキーマというのは、多少無理がある気が…(^^;

それはともかく、11周年&20周年おめでとうございます!!

店名:カレー魂 デストロイヤー
住所:札幌市中央区南4条西21丁目 第5藤栄ビル 1F
電話:11:30〜14:30, 17:00〜21:00
営業時間:011-512-2209
定休日:木曜
ホームページ:http://www5d.biglobe.ne.jp/~pulu2-cr/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年04月01日現在のものです

posted by ふすか at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

スープもライスもいつもと違う! - 天竺Jr.

東区のスープカレー店天竺Jr.さんに行ってまいりました。

天竺Jr. 入り口

前回のレビューはこちら

この天竺Jr.さんは、東区役所方面から札幌中央郵便局の裏の卸センターに抜ける斜め通り、いわゆるファイターズ通り沿いに位置しているお店。店内は、暖色系の内装に統一されていて、なかなかポップな雰囲気のお店。

そして、この天竺Jr.さんメニューの方はというと、北海道マハラジャカレー(1,050円)を筆頭に、ラムラーに大人気のキーマカレー(950円)やシーフードカレー(1,400円)など、多彩なメニューが取り揃えられております。

そんな中から、毎月前半と後半で半月替わりで登場する今月のカレー(1,000円)が今回のお目当て。3月後半のカレーは、コルマ風ベジタブルとチキンビリヤニ(1,000円)で、辛さはV2にしました。さらに天竺Jr.さんの鉄板トッピングのチーズワンタン(100円)も一緒に注文です。

天竺Jr. コルマ風ベジタブルとチキンビリヤニ(V2 1000円) チーズワンタン(100円)

今回は、いつものスープとはちょっと違うコルマ風スープということで、やや色が淡い褐色のスープになっています。味の方も、いつものスパイシーな感じの中にナッツのような香ばしい味わいがあってこれは力強い感じでまた美味しい。スープの中には、人参にジャガイモ、キャベツにオクラ、うずらの玉子にレンコン、パプリカにナス、ムング豆などが入っていますが、スープに力があるので、このシンプルな内容でも十分なボリューム感を味わえます。

そして、今月のカレーの目玉はライスの方。通常のターメリックライスではなく、インドのお祝いご飯メニューというべきチキンビリヤニ。スパイスで炊き込んだ炊き込みご飯ですが、スープを引き立てるような素朴な味わいも感じられて、毎日食べても飽きないような安心感があります。

定番のチーズワンタンも安定の美味しさでしたが、スープを味わうとラムキーマトッピングでも面白い味わいになったなと、少しだけ後悔(笑) これは、次の楽しみですね☆

店名:南インドスープカレー 天竺Jr.
住所:札幌市東区北7条東3丁目 タウンローヤル73 1F(ファイターズ通り沿い)
電話:011-711-1008
営業時間:11:00〜21:00
定休日:火曜
ホームページ:http://www.jr-tenjiku.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年03月27日現在のものです

posted by ふすか at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

古民家でリッチなカレーを - 奥芝商店 札幌総本店

本当に久々に、奥芝商店 札幌本店さんに行ってきました。

奥芝商店 入り口a

前回のレビューはこちら

奥芝商店さんは2006年12月のオープン以来、今では札幌を代表するスープカレー店と言っても差支えのない人気店。もう、全道各地はもとより全国にまで支店があります。

この奥芝商店 札幌本店さんは、札幌市電の西線9条旭川公園通駅からすぐ、市電通りより1本東側の通り沿いにひっそりとたたずむ古民家を改装したお店。ガラガラと引き戸を開けて、靴を脱いで店内にはいる趣のあるスタイルです。そして、店内も、まんま民家で座席がソファーとかは当たり前。そんな中、BARカウンターだけが異彩を放っています(^^;

そしてメニューは、まずスープの選択から、奥芝商店の代名詞というべき海老スープのおくおく(+100円)と定番のチキンスープのしばしば、そして冬季限定の牡蠣スープ(150円)から選びます。次にメインメニューを選びます。定番のやわらかチキンかりーの巻(1,010円)や特選彩り野菜のかりーの巻(1,010円)をはじめ、特選和牛モツかりーの巻(1,400円)や自家製タレに漬け込んだジンギスカンかりーの巻(1,350円)といった気になるメニューまでいろいろ揃っています。さらにブロッコリーやホールトマト、アボガドなど数種類のトッピングから1品無料で選択し、辛さを0番零月1番睦月、…、12番師走(6番水無月〜は有料)の月にちなんだ辛さから選んで注文します。

今回は牡蠣スープ(150円)でMAX男気かりーの巻(1,380円)を辛さ6番の水無月で注文です。

奥芝商店 札幌総本店 MAX男気かりーの巻[牡蠣スープ(150円)](6水無月 1380 50円)

それで、出てきたのは濃褐色のさらさらスープ。牡蠣スープといいつつも海老の旨みも感じられる濃厚な旨みのスープで、これはリッチな味わいです。そして、このMAX男気かりーの巻はメイン具材がすごい。ふわふわ柔らかなチキンレッグに大きな唐揚げ、厚切りのベーコンと角煮に大きな餃子が入っており、さらにニンジンやナス、ピーマンにシメジ、キャベツにゆで卵など盛りだくさんでした。

ちょっと価格的に高めの設定ですが、その分満足度も高い一杯でした☆

店名 :スープカリー 奥芝商店
住所:札幌市中央区南8条西14丁目2-2
電話番号:011-561-6662
営業時間 :11:00〜15:00, 17:30〜24:00
定休日 :不定
ホームページ:http://okusyo.com/

※ 本情報は2015年03月23日現在のものです

posted by ふすか at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。