2015年05月02日

旭川で尖ったスパイスを - アジア金星堂

旭川のカレー店のアジア金星堂さんに行ってみました。

アジア金星堂kinsedo shop.jpg

このアジア金星堂さんは、旭川の厨房橋通りと花咲通りの交差点にほど近いカレー店。アジアンテイストたっぷりの店内で、さまざまなカレーが楽しめるマニアックなお店だということ(^^;

そのメニューはというと、日本型ルゥカレーのジャパンカレェハロハロ(チキン&ポークミックス)(850円)など4種類をはじめ、スープスタイルのサッポロスウプカレエ(1,050円〜)、ココナッツとハーブのテイストのタイのカレー(1,200円〜)、あま辛さらさらタイプのインドネシアのカレー(1,200円〜)、さらにインド、パキスタンのカレー(1,050円〜)など、系統別に20種類以上の多様なカレーが取り揃えられています。そして、辛さも0番(家庭用カレーの中辛程度)から5番(+150円)、そしてその上のX番(+250円)まで6段階。基本が中辛以上の辛さのため、子供向けのカレーは無いそうです。また、メニューによって選択できる辛さが決まっています。

多数のカレーがあり、かなり迷いましたがインド、パキスタンのカレーから南インド風のスープカレーのチキンビンダルー(1,050円)を辛さ4番で注文しました。

アジア金星堂 チキンビンダルー(4番 1050円) chikin

出てきたのは、深めのどんぶりに入った真っ赤なさらさらタイプのスープ。その中に、たっぷりと具材が入っています☆ スープは、表面に張った油膜をかき分けてすくったスープは、刺激的なスパイスが一気に口の中に広がり、その後にトマトの旨みと柔らかな酸味が口に広がります。そして、その味わいが、サラッと去っていく非常に切れ味の鋭いスープです。これは、他では食べたことのない独創的なスパイス使いで、面白い。

そして具材は、2つにカットされた骨付きチキンレッグの他、ニンジンにジャガイモ、ナスにピーマン、パプリカに白菜、コーンにニラ、水菜に半熟玉子、そしてヌードルが入って盛りだくさん。

決して万人受けしない尖がった味わいのカレーですが、また食べたくなる不思議な魅力のある一杯でした☆

店名:アジア金星堂
住所:旭川市東5条11丁目2-1
電話:0166-25-1503
営業時間:11:00〜14:00, 17:00〜21:00
定休日:火曜・第1, 第3水曜

※ 本情報は2015年05月02日現在のものです

posted by ふすか at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

サワークリームde七変化 - トムトムキキル

清田区のスープカレー店トムトム キキル(tom tom kikir)さんへ行ってきました。

トムトムキキル shop.jpg

前回のレビューはこちら

このトムトム キキルさんの場所は、羊ヶ丘通りを札幌ドームの裏から清田方面に進み、吉野家さんある交差点を右折、しばらく進んだ住宅街のなか。

外観同様、店内も明るい雰囲気で、カウンター席やテーブル席の他、小上がりまである家族連れにも嬉しい内装。

それでメニューの方はというと、定番のチキンのスープカレー(940円)を筆頭に、やさいたっぷりスープカレー(1,080円)などの定番メニューに加え、とろ〜りチーズチキンカツとやさいのスープカレー(1,230円)や牡蠣ベーコンとやさいのスープカレー(1,280円)など名前だけでもよだれが出てきそうな美味しそうなメニューが取り揃えられています。そして、辛さも0番(辛さなし)から10番(大辛)までが無料で、さらに有料でピッキーヌが番号が増えるごとに追加され20番では14本のピッキーヌ入りの辛さまでチョイス可能です。

今回は4月の土日限定メニューのラム肉とサワークリームオニオンのスープカレー(1,380円)を辛さ8番で注文、さらにニンジンとひよこ豆のサラダ(100円)を追加しました。

トムトムキキル 土日限定ラム肉とサワークリームオニオンのスープカレー(8番 1380円) ニンジンとひよこ豆のサラダ(100円) tomtom kikir

出てきたスープは、赤褐色で油分少なめのややトロリとしたスープ。デミグラスソース的な見た目ではありますが、落ち着いたトマトベースの濃厚な旨みとその中でも存在を感じられるスパイス感。それでも、ほっこりと温まる優しい味わいのスープです。

その中に、ほろりとほぐれるワインで煮込まれたラム肉に、ニンジンにジャガイモ、ブロッコリーにオクラ、ヤングコーンにシメジ、キクラゲに水菜、そして半熟玉子とたっぷりの具材。上には、自家製のサワークリームが乗っており、それを少しスープに溶かすだけで、コクが増し味わいが変わります。これは面白い。

そして、トッピングしたニンジンとヒヨコ豆のサラダは、インド料理のニンジンのアチャール(漬物)風な感じでほのかな酸味とライトな食感で、いい口直しになっています。カレーを食べつつ、このサラダを食べると、また新しい味覚でカレーを何度も楽しめます。これは、よい。

今回も、大満足の一杯でした♪

店名:スープカレー トムトムキキル(tom tom kikir)
住所:札幌市清田区清田3条2丁目14-15
電話:011-881-6280
営業時間:11:30〜15:00, 17:30〜20:30
(土・日・祝は通し営業, 火曜ランチ営業のみ)
定休日:水曜

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年4月25日現在のものです

posted by ふすか at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

スパイスと酸味のマリアージュ - 天竺Jr.

4月23日〜25日の3日間、ラムまつり開催中と聞いて、東区のスープカレー店天竺Jr.さんに行ってきました。

天竺 Jr. shop

前回のレビューはこちら

この天竺Jr.さんは、東区役所方面から札幌中央郵便局の裏の卸センターに抜ける斜め通り、いわゆるファイターズ通り沿いに位置しているお店。店内は、暖色系の内装に統一されていて、なかなかポップな雰囲気のお店。

そして、4月23日からの3日間はきまぐれトッピングにラム料理がたくさん並ぶラムまつりです(笑)具体的には、ラムフライドライス(680円)、ツムラムジンギスカン(350円)、ラムラッサム(500円)、ラム65(480円)の4品が並ぶ予定らしい。

この天竺Jr.さんは、北海道マハラジャカレー(1,050円)を筆頭に、ラムラーに大人気のキーマカレー(950円)やシーフードカレー(1,400円)など、多彩なメニューが取り揃えられております。

そんな中から、今回はラム全品というのも考えましたが、4f月後半のカレーのラムキーマビンダルーのスープカレー(1,000円)を辛さはベリーホットで注文しました。さらにきまぐれトッピングのラム65(480円)を追加しました。

天竺Jr. ラムキーマビンダルーのスープカレー(ベリーホット 1000円) ラム65(480円)

土鍋でぐつぐつ煮立って出てきたのは、通常の茶褐色のスープよりやや透明感のあるサラサラのスープ。しっかりとしたスパイス感に、ピンダルーの酸味がスープに追加されて、いつもよりも優しい味わいのすーぷになっています。これは、二日酔いで食べると一気にすっきりしそうなさっぱり感が出ていておいしい。ただし、酸味が苦手な人はダメかもしれないので、人を選ぶスープですが…(^^;

そして、具材は、皿の底にたっぷりとラム挽き肉が沈んでおり、さらにジャガイモ、人参、ナスにレンコン、オクラにピーマン、パプリカにキャベツ、ウズラの卵と盛りだくさん。見た目こそ地味ですが、このスープは大ヒットです☆

トッピングのラム65は、インドのチキン65という料理のラムバージョン。しっとりとローストされたラムは、スパイシーで美味しい。これを肴にビールというのも全然ありですわ♪

店名:南インドスープカレー 天竺Jr.
住所:札幌市東区北7条東3丁目 タウンローヤル73 1F(ファイターズ通り沿い)
電話:011-711-1008
営業時間:11:00〜21:00
定休日:火曜
ホームページ:http://www.jr-tenjiku.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年04月23日現在のものです

posted by ふすか at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

ハッピーバースデー - gopのアナグラ

僕の好きなスープカレー店gopのアナグラさんのsinさんが4月17日に誕生日を迎えられるとあってお祝いに行ってまいりました☆

gopのアナグラ shop

前回のレビューはこちら

このgopのアナグラさんは、琴似本通りを山の手の方に直進した所にあり、パン屋さんのもりもとさんの向かいに位置しているマニアに人気のスープカレー店。

そして、sinさんの誕生日を記念して4月17日から19日までの3日間、誕生日イベントを開催中。例年恒例の鶏ガラで炊いたリッチなライスを始め、ハズレなしのクジなどスペシャルな特典があります♪

このgopのアナグラさんでは5種類のカレーが提供されており、切れ味鋭いスパイスを楽しめるレギュラースープカレーを筆頭に、フレッシュハーブの香り高いタイレッドカレー、タイのトムヤムクンに近い酸味と辛さが心地よい夏スープ、そして月替わりのインドカレーメニューのキーマカレー。さらにマレーシア風カレーのgop風カリー・アヤム(980円)の中から選べます。

今回の誕生日イベントではレギュラースープカレーが通常の鶏がらスープベースではなく、水と玉ねぎとスパイスで作るスパイス重視のマニアックなスープが食べられるレアな機会です。

そこで、そのレギュラースープのさかなときのこと野菜(1,280円)を辛さ50番で注文。さらにスーパーマトンキーマカレー[ハーフ](420円)をトッピングしました♪

gopのアナグラ さかなときのこと野菜(50番 1280円) スーパーマトンキーマカレー[ハーフ](420円)

そして、登場したのはgopのアナグラさんらしい濃赤褐色の濃厚かつややサラサラタイプのスープ。いつも以上にスパイスの風味を強く感じられ、さらに切れ味のあるシャープなスープです。これは、初期、僕が来始めたころのgopのスープを感じさせる懐かしいスープです。

そして、具材はゴロゴロと軽くソテーされた鮭の他、ニンジンやジャガイモ、レンコンにオクラ、水菜にヒラタケとマイタケ、それにゆで玉子とボリュームたっぷり。

ライスにトッピングした、スーパーラムキーマも、ラム好きにはたまらない旨みとスパイス感が合わさって最高です。カレーもラムもたっぷりいただいて、もう満腹。

今回も美味しいスープカレーありがとうございます。そして、sinさんお誕生日おめでとうございます!

店名:soup curry gopのアナグラ
住所:札幌市西区山の手3条6丁目1-17もりもとさん向かい
電話:011-612-6208
営業時間:平日 11:30〜21:00,(日・祝 11:30〜20:00)
(ランチタイム 11:30〜14:30)
定休日:木曜
ホームページ:http://gop-soupcurry.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年4月17日現在のものです

posted by ふすか at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

現店舗での〆カレー - ZORA

実力派スープカレー店ZORA(ゾラ)さんが5月くらいに移転オープンということで現店舗での食べ納めに行ってきました。 150416 ZORA enter

前回のレビューはこちら

このZORAさんは、大通り西9丁目と北1条通りに面したヤマダ電機 札幌本店のほぼ中間に位置するビルの地下1階の一番奥に位置するお店。この店舗での営業は明後日4月18日の売り切れまでということで、行ってまいりました。

このZORAさんのメニューは、Mama KAYのジャークチキンカレー(980円)を筆頭に、炙りラムのカレー(1,100円)やなめらかマッシュポテトとベーコンのカレー(1,100円)など個性的なメニューが揃っています。そして、辛さも1番(甘口)から6番(超辛)まで6段階を無料で選択可能です。

そして、スープカレー以外にもスープカレー屋の熟成カツカレー(750円)なんてメニューもあり、今回はその熟成カツカレー(750円)を注文。さらに、トッピングでクリーミー海老フライ(350円)を追加してアゲアゲなセットにしました☆

ZORA スープカレー屋の熟成カツカレー(750円) クリーミー海老フライ(350円)

手のひらよりも一回り以上大きなサイズのカツが乗ったカツカレー。さっくりとした衣のカツで、スプーンで簡単に切れるくらい柔らかい。これは別格です。そして、ルーの方もデミグラスソースのような濃厚で複雑な味わいが折り重なったカレーで、美味しくないはずがありません。

さらに、トッピングした海老フライも大きくて、さらに海老と共にクリームが衣に包まれていて、口の中で一気に旨みが広がります。ん〜、贅沢。

現店舗でカレーを食べるのはこれで最後ですが、より広くなる新店舗でまた味わえるのが今から待ち遠しいです☆

店名:BAR CAFE SOUPCURRY ZORA(ゾラ)
住所:札幌市中央区大通西8丁目2-39 北大通ビルB1
電話:011-231-4882
営業時間:11:30〜21:00
定休日:日曜
ブログ:http://ameblo.jp/zora-since-aug-19-2009/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年04月16日現在のものです
posted by ふすか at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

ニセコの小さなカレー屋さん - カリー小屋

ニセコに有名ながらレアなスープカレー店があります。その名もカリー小屋さん。そこについに行ってこれました☆

150412 カリー小屋 shop

このカリー小屋さんは、倶知安町の街中からニセコヒラフに上る途中に位置するペンション兼スープカレー店。その為か、ランチタイムの限られた時間のみの営業で、なかなか食べるのが難しいカレー店と言う印象です。

そのメニューは、レギュラースープのスパイシーカリーと数量限定のタイ風カリー(+100円)の2タイプのカレーがあり、チキン野菜(1,180円)を筆頭にコロッケ(1,180円)やカキ(1,280円)、エビカリー(1,300円)などが取り揃えられております。そして、辛さは1辛から10辛までの10段階(6辛からは+50円)に超辛1番〜3番(+100円)までから選択可能です。

そこで今回は、数量限定のタイカレーができるということでタイカレーのポーク野菜(1,330円)の5辛に、小河豚のフライ(中サイズ 350円)をトッピングしました。

カリー小屋 ポーク野菜[タイ風カリー](5辛 1,330円) 小河豚のフライ(中 350円)

出てきたのは、乳白色のややトロリとした濃厚なスープ。レモングラスやバイマックルー(コブミカンの葉)なんかの本格的なハーブがごろっと入っているし、ココナッツミルクもたっぷりと入っていて、濃厚で本格的なタイカレーです。

そして、メインのポークは、角煮というよりは煮豚に近い感じで、あっさりとやわらかい味わいでタイカレーとケンカせず相性がいい感じ♪その他もニンジンやジャガイモ、カボチャにピーマン、ナスにレンコン、ブロッコリーにウズラの卵などたっぷり。

トッピングの小フグのフライもさっくりとした衣にふわふわのフグで仄かな甘みも感じられて、こちらもGood。

なかなか美味しいカレーを楽しめました☆

店名:カリー小屋
住所:虻田郡倶知安町ニセコ高原ヒラフ山田74
電話:0136-23-3688
営業時間:11:30〜15:00頃(売り切れ次第閉店)
定休日:不定休
ホームページ:http://www.curry-koya.com/

※ 本情報は2015年04月12日現在のものです

posted by ふすか at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。