2013年06月08日

渋谷でもスープカレー - SHANTi(シャンティ) 渋谷店

東京のスープカレー店で札幌の味を味わえたお店のSHANTi(シャンティ)さん。その渋谷店さんにいってきました☆

このSHANTi 渋谷店さんは、先日訪問した原宿店と系列店。

メニューも同じく、オリジナルスープサイゴンスープの2種類のスープをチョイスし、さらに具材と辛さを選択するシステム。

辛さは、オリジナルスープでは1ボーガから40ボーガから選択し(5ボーガ以上は有料)、サイゴンスープではサイゴン(普通)→ニャチャン(激辛)→ダナン(+50円)→フエ(+100円)→ハノイ(150円)と辛さが上がっていきます。

そこで、今回はサイゴンスープハンバーグサイゴン(1,150円)を辛さニャチャン(激辛)に岩のり(100円)をトッピング。

出てきたスープは、やや黄色みの強い褐色のサラサラタイプのスープ。ニンニクやハーブ由来と思われる香りが高く、旨みも深い。以前食べたオリジナルスープより個性的な味わいでGoodです。

ちなみに、トッピングで注文した岩のりは別皿で登場してましたが、写真はスープに載せて撮っています。

そして、具材はメインのふわふわハンバーグをはじめ、器の真ん中に鎮座する目玉焼き、その他ニンジンやパプリカ、オクラにベビーコーン、ジャガイモなど。

しっかりとスープカレーを堪能させて貰いました☆

店名:SHANTi(シャンティ) 渋谷店
住所:東京都渋谷区道玄坂2-10-10 世界堂ビル1F
電話:03-6416-9390
営業時間:11:30〜24:00(金・土 〜翌7:00)
定休日:年末年始
ホームページ:http://www.shanticurry.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年6月8日現在のものです

posted by ふすか at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

中華とインドとタイの香る店 - マレーチャン

東京でぜひ食べたいカレーの一つ、フィッシュヘッドカレーを目指して池袋のマレーチャンさんへいってきました。

このマレーチャンさんは、名前からも類推される通りマレーシア料理の専門店。そして、イスラム教で食べることが許されている食材を使用したハラル認証を受けたレストランでもあります。なので、マレーチャンさんにはイスラム教で禁止されている豚肉料理はありません。

そのマレーチャンさんのメニューは、マレーシアの発酵食品であるテンペが入ったテンペ入り揚げ春巻(750円)やマレーシアのお好み焼きムルタバ(500円)などの他、麻婆豆腐(680円)やトムヤムスープ(800円)など中華やタイ料理の流れをくんだメニューもあります。

もちろん、フィッシュヘッドカレー(1,680円)を始め、テンペドライカレー(1,400円)やグリーンカレー(900円)などカレーメニューもあります。

今回は、フィッシュヘッドカレー(1,680円)を狙っていたのですが、あいにくの売り切れで、ココナッツチキンカレー(900円)にライス(300円)をつけて注文です。

出てきたカレーは、赤褐色のトロッとしたカレー。ココナッツのコクにタイカレーのハーブとインドカレーのスパイスの良いところを合わせたような濃厚で深い旨みのカレーです。さらに上に乗ったパクチーが味を引き締めてくれてます。

そして、具材の方はというと、ぶつ切りの鶏モモ肉とジャガイモといったシンプルな内容で、スープの旨みを引き立ててます。

今回は、目的のフィッシュヘッドカレーは食べることが出来ませんでしたが、マレーシア料理らしい美味しいカレーをいただけました。

でも次回は、電話して予約します(^^;

店名:マレーチャン1
住所:豊島区西池袋3-22-6 
電話:03-5391-7638
営業時間:11:00〜14:30, 17:00〜23:00
(金土 〜24:00, 日曜は通し営業)
定休日:無休
ホームページ:http://www.malaychan-satu.jp/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年6月3日現在のものです

posted by ふすか at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

札幌の味が東京で… - SHANTi(シャンティ)原宿店

東京のスープカレー探訪として(?)原宿のSHANTi(シャンティ)原宿店さんへ行ってきました☆

このSHANTi原宿店さんは、札幌の西28丁目にあるSHANTi札幌店さんの支店。このお店の他にもSHANTiさんは新宿や池袋にも支店があり、近々 高田馬場にもオープン予定と、もはや東京に根ざした感のあるスープカレー店です。

このSHANTi原宿店さんは、東南アジア風のオリエンタルな感じの店内で、メニューもオリジナルスープサイゴンスープの2種類のスープをチョイスし、さらに具材と辛さ(1ボーガ〜40ボーガ;5ボーガ以上は有料)を選択するシステム。

そこで、今回はオリジナルスープ曼荼羅スペシャル(1,490円)を辛さ4ボーガで注文しました。

出てきたスープは、透明感ある茶褐色のサラサラタイプのスープ。和風のダシを奥底に感じられる旨みがたっぷりの味わい。これは、札幌のスープカレーの味そのままの完成度です♪

そして、具材の方もメインの柔らかチキンレッグを筆頭に、ネパール風ギョウザのモモやゆで玉子にナスやピーマン、パプリカなどの野菜たち。野菜のダイナミックさは若干控えめですが、ハイクオリティの具材を堪能出来ます。

私感ですが、札幌のスタンダードなスープカレーを東京で食べるとしたら、このこのSHANTiさんが最適だと思います。

それくらい美味しくいただけました☆

店名:SHANTi(シャンティ)原宿店
住所:東京都渋谷区神宮前3-26-11 ホノラリー原宿ビル2F
電話:03-5772-6424
営業時間:11:30〜24:00
定休日:年末年始
ホームページ:http://www.shanticurry.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年5月26日現在のものです

posted by ふすか at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

銀座の老舗カレー店 - デリー銀座店

銀座のカレー店といって思い浮かぶお店は多数ありますが、その中でも個人的に筆頭に挙がるのがデリー銀座店さん!

っということで銀座という土地に疎外感(?)を感じつつ行ってまいりました☆

このデリー銀座店さんは、1956年創業で今年57年目になる老舗カレー店。

かの狸小路1丁目のデリーさんのご主人がその昔修行をされていたという意味でも気になっていたお店です。

このデリー銀座店さんは、ビルの3階フロアが丸々店舗のお店で、銀座らしく高級感溢れる落ち着いた雰囲気。

メニューの方は意外にも、ナン(520円)やチャパティ(520円)、クルチャ(520円)なども取り揃えられている本格的なインドカレー店といった内容。

カレーの方も、デリーカレー(850円)を筆頭にサグカレー(950円)、バターチキン(1,050円)やコンチネンタルカレー(850円)などといったカレーまで数多くのカレーがあります。

そこで、3種類のカレーをチョイス出来るというお好み3種カレー(1,680円)でデリーカレー、カラヒ、カシミールカレーの3種を注文し、ライス(210円)も一緒にお願いしました。

登場したのは、小さなカップに入った3種類のカレー。左から順にカシミールカレー、デリーカレー、コルマだったはず(^^;

それぞれ特徴的な味わいですが、やっぱり一番パンチがあるのがカシミールカレー。他では味わえない、何とも例えようのない深い味わいと、奥から染み渡る重厚な辛さ。やっぱり間違えのない美味しさを堪能しました。

今度は、カシミールカレー単品で注文したいです☆(さらにもう一皿を追加するかもですが…)

店名:デリー 銀座店
住所:東京都中央区銀座6-3-11 西銀座ビル3F
電話:03-3571-7895
営業時間:11:30〜21:30(土・日・祝日 11:50〜)
定休日:無休
ホームページ:http://www.delhi.co.jp/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年5月25日現在のものです

posted by ふすか at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

スープカレーブームの火付け役 - Magic Spice 東京下北沢店

数年前、東京でスープカレーブームが起こったとき、その火付け役となったスープカレー店マジックスパイス下北沢店さんに行ってきました。

このマジックスパイス下北沢店さんは、札幌白石区のマジックスパイス札幌店さんの支店。

下北沢駅と池ノ上駅のほぼ中間くらい、住宅街の真ん中にドンと真っ赤な壁の店舗が現れます。店舗のくどさ(?)は札幌店さんに比べると落ち着いているかも(^^;

(大阪なにわ店さんがまだ近いかも)

メニューは、基本的に札幌店さんと同じ感じで定番のチキン(950円)を筆頭にビーフ(1,100円)にモモ(1,000円)といったメニューなどが取り揃えられています。(価格は札幌より50円ほど高いですが…)

そして、辛さも"覚醒(+60円)","瞑想(+90円)","悶絶(+130円)","涅槃(+190円)","極楽(+200円)","天空(+210円)","虚空(+250円)"の7段階(メニューに載っていませんが、辛さ無しも選べるそうです)の順に辛くできます。

そこで、今回はこの下北沢店さん限定メニューのキーマビーン(1,080円)を辛さ虚空(+250円)で。さらにモモ(250円)をトッピング♪

基本的に、マジックスパイスさんらしい、澄んだ中にも旨みがしっかりと存在するスープに、たっぷりの野菜とひよこ豆やキドニービーンズ、大豆などの豆類が盛りだくさん。さらに器の底には挽肉が大量に沈んでいてスープに味わいを加えています。

ただ、辛さに関してはお店の外観同様に、若干ながらマイルドな感じ。札幌店さんの辛さで慣れてるなら、1ランク辛くしても大丈夫そうです☆

店名:マジックスパイス東京下北沢店
住所:東京都世田谷区北沢1-40-15
電話:03-5454-8801
営業時間:11:30〜15:00, 17:30〜23:00(土・日・祝日は通し営業)
定休日:火, 水曜
ホームページ:http://www.magicspice.net/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年5月24日現在のものです

posted by ふすか at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

浅草deどぜう♪ - 駒形どぜう

東京の観光名所の一つ、浅草浅草寺に行ってきました。

それも、浅草寺や浅草神社の例大祭、三社祭の真っ最中に。

普段でもかなり混んでる映像は見ますが、さらに祭りで御輿も出ていたりと激混み状態。東京はホント人が多いです。

さて、浅草寺から歩いて10分ほどの所にドジョウ鍋の老舗駒形どぜうさんがあります。

ちょうどお祭りと言うこともあり、お店の前でお囃子が演奏されているなんていかにも風情があります☆

店内は、木造の味のある建屋で1階は座敷で、地下1階はテーブル席となっております。

そして、メニューは老舗だけあって、どぜうなべ(1,750円)を筆頭に柳川なべ(1,500円)、どぜう蒲焼き(1,550円)など、ドジョウメニューが充実してます。

さらに、どぜうなべや柳川などがセットのどぜう定食(4,350円)とと全体的に高めの印象。

その中で、午後4時までのランチ限定メニューですがどぜうなべのセットメニューであるなべ定食(2,600円)と柳川なべのセットメニュー柳川定食(2,450円)が目を引きます。

そこで、今回は昼から奮発してそのなべ定食(2,600円)を注文しました。

このなべ定食(2,600円)は、どぜうなべの他、どぜう汁田楽ご飯お新香のお得なセット。

このどぜうなべは、平たい鉄鍋に沢山のドジョウがかえしでひたひたの状態で登場。そこに小口切りのネギを大量にのせてコトコトと煮ながらかえしの染みたネギやドジョウをいただくという料理。ネギやかえしを足しつつちびちび食べるとやっぱりお酒が欲しくなる。結局、昼間っから飲んじゃいました(^^;

どじょうは、骨張っていたり泥臭かったりするのではないかと思っていましたが、全くそんなことはなく、柔らかくてホクホクの美味しい白身の魚(?)でした。

値段は高いですが、それに見合った美味しさと風情のある料理でした☆

店名:駒形どぜう 浅草本店
住所:東京都台東区駒形1-7-12
電話:03-3842-4001
営業時間:11:00〜21:00
定休日:無休
ホームページ:http://www.dozeu.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年5月19日現在のものです

posted by ふすか at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

移転前に滑り込み - ハンジロー

東京編第一弾スープカレーとして、向かった先は…神奈川県横浜市綱島(^^;

とりあえず、何をおいても行かねばならないスープカレー店がここにあります。

そのお店というのは、スープカレーのハンジローさん。

このハンジローさんは、5月18日でこの場所での営業を終了し、長野県へ移転します。なので、移転前に何とか食べたいと思い雨の中店舗へ向かいました。

ディナータイムより若干早めに訪問したのに、店舗から溢れるくらいお客さんの行列、聞けば1時間から2時間待ちだとか。…いやぁ、このために来たのですから、待ちますよ(--;

店舗で待つのもナンなので、待ち時間が来たら電話をいただけるようにしていたのですが、結局着席出来たのが2時間後。ホントに2時間待ちました(>_<)

このハンジローさんのメニューは、定番のチキンスープカレー(1,100円)を筆頭に、数量限定の豚角煮と半熟玉子のスープカレー(1,400円)や自家製ハンバーグとチーズのスープカレー(1,400円)など基本を押さえた多彩なメニュー構成。もちろん辛さも0番から30番、そしてそれ以上も選択可能です。

そこで、かなり待ったと言うこともあり1番豪華なメニューのハンジロースペシャル(1,850円)を辛さ10番で注文しました。

出てきたのは、スープが見えないくらい具だくさんのドンブリ。それらの具材をかき分けた先にあるスープは、ややトロミのある茶褐色の濃厚系。トマトの旨みがしっかりと感じられる、札幌で言うとさんやらっきょさんに近いトマトベースのスープです。これは、ある意味懐かしいといえる系統の味に不意に遭遇しました☆

そして、具材の方はというと、柔らかくもしっかりと弾力もあるチキンレッグを始め、ムール貝やエビ、ホタテにイカやアサリといった主役級の具材群の他、ニンジンにジャガイモ、ナスにカボチャ、ブロッコリーにオクラ、ピーマンにアスパラ、ミニトマトに舞茸などあまたの具材が詰め込まれています。

さすがに具材は札幌に比べると一回りくらい小さい気もしますが、しっかりと下ごしらえがされてて、美味しくいただけました。

会計時に、聞いてみたところ、このハンジローさんはらっきょさんで修行された方のお店だそうです。なので、移転後は5月25日かららっきょさんがオープンし、ハンジローさんのスタンプカードをそのまま移行出来るそうですよ☆

店名:スープカレーのハンジロー
住所:神奈川県横浜市港北区綱島西1-2-9ゴールデンパーク1F
電話:045-542-3939
営業時間:11:30〜15:00, 17:00〜23:00(土・日・祝は通し営業)
定休日:火曜
ホームページ: http://hanjiro.jp/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年5月11日現在のものです

posted by ふすか at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

とりあえず食べ納め - gopのアナグラ

明日でしばらく札幌を離れることになり、札幌最後のカレーを食べに向かったのはgopのアナグラさん。

前回のレビューはこちら

このgopのアナグラさんは、琴似本通りを山の手の方に直進した所にあり、パン屋さんのもりもとさんの向かいに位置しているマニアに人気のスープカレー店。

このgopのアナグラさんでは5種類のカレーが提供されており、切れ味鋭いスパイスを楽しめるレギュラースープカレーを筆頭に、フレッシュハーブの香り高いタイレッドカレー、タイのトムヤムクンに近い酸味と辛さが心地よい夏スープ、そして月替わりのインドカレーメニューのキーマカレー。そして昨年から登場したマレーシア風カレーのgop風カリー・アヤム(980円)の中から選べます。

その中から今回は夏スープをチョイス。夏スープの中にはチキン(980円)の他、さかな(1,050円)やナンプラー風味の白身魚の揚げ物(1,280円)なんてメニューもありましたが、その中でいつの間にか追加されていたメニューの揚げ鳥としめじ(1,150円)を激辛で注文しました。さらにキーマカレートッピングの粗挽きラムキーマハーフ(380円)も追加で☆

目の前に現れたのは、真っ赤なスープを一杯にたたえたどんぶり。この夏スープはタイのトムヤムクンの流れをくむ酸味の強いスープ。そのガツンとくる酸味に重厚な辛さが相まって、食べ始めると止まらない癖になる一杯です。さらに、一緒に出てくるナンプラーを足すことで、塩分に加え旨みが増してさらによし。

そして、気になっていた具材の揚げ鳥は、スパイスに漬け込んだ鶏肉に衣を付けてサクッと揚げた逸品。カリッとスパイシーでかなり美味い。その揚げ鳥の他に風味豊かなヒラタケを始め、カットされたニンジンにナス、タケノコにオクラ、キクラゲにゆで玉子と盛りだくさん。

さらに、ライスにトッピングした粗挽きラムキーマも、これだけで看板張るメニューだけあって、こちらも美味しい。

ただ、夏スープもキーマカレーも美味しすぎて、ライスが足りなくなりそうで危なかったです(^^;

これで、札幌でスープカレー食べるのもあと数ヶ月先。がっつり食べ納めました☆

店名:soup curry gopのアナグラ
住所:札幌市西区山の手3条6丁目1-17もりもとさん向かい
電話:011-612-6208
営業時間:平日 11:30〜21:00,(日・祝 11:30〜20:00)
(ランチタイム 11:30〜14:30)
定休日:木曜
ホームページ:http://gop-soupcurry.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年5月5日現在のものです

posted by ふすか at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

いいトコ取りのスープカレー - デストロイヤー

先月に引き続き再びカレー魂 デストロイヤーさんへ行ってきました☆

前回のレビューはこちら

このデストロイヤーさんは、札幌医科大学の裏通りでもある南4条の通り沿い、オレンジ色の看板が目印のお店。お店の前や他にも駐車場があるのがありがたいです。

店内は、落ち着いた基調で統一されていて、壁には限定カレーやポスターなどが所狭しと貼られ、レゲエが流れる村上ワールドが展開されてます♪

通常レギュラーメニューは、全品950円に統一されており、平日のランチタイム(11:30〜14:30)だと750円でいただけます。そして、辛さは0番から100番(21番以降は通常ランチタイムのみ有料)まで選択可能です。

そして、このデストロイヤーさんでは、興味深いサービスがあり、カレーのおかわり(or ダブル注文)だと2杯目が200円引きになります。

そこで、今回は期間限定で登場しているスペシャルメニューのとり、ぶた、羊の3種肉 MIXカレー!(1,050円)と、こちらも期間限定メニューのエビ キーマ ココナッツカレー!(950円)を共に辛さ50番で注文しちゃいました。

堂々登場したカレーは、2皿ともデストロイヤーさんらしい赤褐色のややトロミのあるスープ。力強いスパイス感はいつも通りですが、具材によって味わいや旨みが変わるというのは興味深い。

写真奥のとり、ぶた、羊の3種肉 MIXカレーは、デストロイヤーさんのトマトチキンベジタブル豚角煮カレーラムボールベジタブルのそれぞれ美味しい所取りのスペシャルなカレー。ホロリとした鶏ムネ肉にしっかり味の染み込んだ豚角煮に、ラムラー垂涎のラムミートボールがゴロゴロと入り、さらにニンジンやジャガイモ、ピーマンにブロッコリー、レンコンにヤングコーンまでが入った具だくさんのカレーです。

一方、写真手前のエビ キーマ ココナッツカレーは、色鮮やかな桜エビにプリプリのエビも。それにこちらもニンジンにジャガイモに加えアスパラや他ではなかなかないキュウリなどが入ったカレー。こちらはスープにココナッツが入っているため、通常より若干マイルドに奥深いスープになってます。そして、心配の(?)キュウリですが、これがシャキッとしつつも青臭くなくなかなか面白い食感でした(^^)

いやいや、調子に乗って食べ過ぎました☆

店名:カレー魂 デストロイヤー
住所:札幌市中央区南4条西21丁目 第5藤栄ビル 1F
電話:11:30〜14:30, 17:00〜21:00
営業時間:011-512-2209
定休日:木曜
ホームページ:http://www5d.biglobe.ne.jp/~pulu2-cr/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年5月3日現在のものです

posted by ふすか at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

わがまま言っちゃいました! - アジャンタ インドカリ川沿店

今回は前からやりたかった試みを試しに南区川沿のスープカレー店のアジャンタ インドカリ店さんへ行ってきました。

前回のレビューはこちら

この川沿のアジャンタ インドカリ店さんは、あのスープカレー始祖のお店の電車通りにあるアジャンタ インドカリ店さんの支店。
お店は、石山通り沿いのラッキー川沿店さんの脇を1本入ったところに位置します。元は居酒屋さんだったと思われる店内は、なかなか昭和チックでいい感じです☆
 
そして、メニューはチキンレッグ2本入りのとりかり(1,100円)を筆頭にやさいかり(1,100円)やらむかり(1,100円)、かしみいる(1,100円)などがあります。
今回は、前回のオターズの際の時に聞いたサービスを試しに行ってきました。
そのサービスとは、持ち込み食材を使用してカレーを作ってもらえるというもの。そこで、近くのラッキーで購入した舞茸を手に訪問です。
注文は、通常ヨーグルトベースの独特のスープで提供されるかしみぃる(1,100円)をレギュラースープに変更した上で、持参の舞茸をソテーにして加えていただきました☆

出てきたのは、アジャンタさんらしい赤褐色で油膜の張ったいつものレギュラースープ。チキンベースのスープに、幾重にも折り重なったスパイス感溢れる個性的なスープ。やっぱりこの味はアジャンタさんだけでしか味わえません。
それに、普段かしみぃるだけに入っているラム肉の肉団子がゴロゴロと、そして、定番野菜のニンジンにピーマン、サービスで入れてもらったジャガイモも入っています。さらに、持参の舞茸が案の定スープに合ってていい味を出してます。
ただ、メインのラム肉団子が少々個性が強く、スープとの相性に少々違和感あり。これは、かしみぃるのスープだからこそ活きるって言うのを実感しました(^^;
 
持ち込みの食材を追加出来るというのは、他店にないスペシャルなサービス。(それも、追加料金なしで♪)
これは、次に何を持っていくか今から悩みます(笑)

店名:アジャンタ インドカリ 川沿店
住所:札幌市南区川沿11条2丁目2-17
電話:011-572-5557
営業時間:11:30〜21:00
定休日:不定

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年5月1日現在のものです
posted by ふすか at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

真っ赤なスープの - 小太郎

ちょっと豊平区へ用事があり、そのついでに豊平区にあるラーメン店小太郎さんへ行ってきました。

前回のレビューはこちら

この小太郎さんは、水源地通り沿いにあり、ヤマト運輸 豊平宅急便センターさんの斜め向かいに位置するラーメン店。牛骨ベースのスープによる独特の味わいで病みつきになる人多数の密かな人気店です。

メニューの方は基本のみそ(650円)・(600円)・醤油(600円)の他にも中辛みそ(700円)・激辛みそ(750円)や中辛醤油(650円)・激辛醤油(700円)といった辛口のラーメンもあります。また、それぞれのラーメンに小ラーメン(400円〜550円)があり、ちょっと軽く食べたいときにも嬉しいですね。

今回は牛骨スープの味わいを1番感じられる醤油(600円)を野菜大盛(+50円)で注文しました。そして、いつも通りライス(100円)も一緒に☆

出てきたのは、目にも鮮やかな真っ赤なスープ。ただ、以前衝撃を受けた小太郎さんらしい焼肉屋さんを思わせるパンチ力抜群の牛骨スープのインパクトが若干弱まった感があるのが少々残念。麺の方は、札幌らしい中太縮れ麺。これにスープがよく絡んでおいしいです。

店名:らーめん 小太郎
住所:札幌市豊平区月寒西3条9丁目6-17
電話:011-856-7490
営業時間:11:00〜22:00
定休日:木曜・第3水曜
ホームページ:http://www.raumen-kotarou.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年4月29日現在のものです

posted by ふすか at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

辛さの階段 最上段 - マジックスパイス

久々にマジックスパイス(Magic Spice)さんに行ってまいりました。

前回のレビューはこちら

このマジックスパイスさんは、南郷通りと水源地通の交差点からさらに北側に進み、1本目の脇道を左に入ったところに位置するお店。『スープカレー』という名称を初めて使用したお店としても有名です。

このマジックスパイスさんは外装も店内も独特の雰囲気が溢れていて、相変わらず怪しい(笑)

また、マジックスパイスさんでは、平日のランチタイムだと全品100円引きに加え、ライスおかわり自由やドリンクバーを利用できたりとサービス満点。土曜日のランチタイムでも100円引きとライスおかわり自由なのはありがたいです。

このマジックスパイスさんのメニューは、定番のチキン(900円)を筆頭にビーフ(1,050円)やフィッシュフライ(880円)なんてメニューの他、モモ(950円)といった珍しい物まで取り揃えられています。そして、辛さはマジックスパイスさん独特の設定で、"覚醒(+50円)","瞑想(+90円)","悶絶(+120円)","涅槃(+180円)","極楽(+180円)","天空(+200円)","虚空(+230円)"の7段階(メニューに載っていませんが、辛さ無しも選べるそうです)の順に辛くなり、さらにアクエリアスなんて別次元の辛さのメニューもあるようです。

そんな中、今回はこの札幌総本山限定メニュー フランクながいカレー(1,050円-100円[ランチタイムのため])の辛さはレギュラーの辛さの段階の最辛ランク虚空(230円)で注文しました。

出てきたのは、見るからに赤そうなサラサラタイプのスープ。通常の透き通った透明なサラサラスープに比べると、辛さが一気に脳天まで突き抜けて新しい世界が開けるようなそんな感じ(?)。とにかく辛いのですが、マジックスパイスさんのスープの旨みと相まって、辛さの中にも美味しいさが感じられる何とも不思議なスープになっています。

そして、メインのフランクフルトは、器からはみ出すくらいの長さ。中に行者ニンニクが練り込まれていて風味もなかなか良し。その他、スープの中には細かく刻まれたニンジン、ピーマン、キャベツ、もやし、ナス、しめじ、ヤングコーン、インゲン、さやえんどう、水菜に加え、ゆで玉子まで非常に他品目。

今回、二回目の虚空挑戦でしたが、次回は禁断のアクエリアスに行ってもいいかもしれない手応えを感じてきました☆

マジックスパイスさんはやはり、限界近い辛さでいただくのがオススメです。

(辛さや旨みに慣れてしまうと、感動が半減する恐れもありますし ^^;)

店名:マジックスパイス(MagicSpice) 札幌総本山
住所:白石区本郷通8丁目南6-2
電話:011-864-8800
営業時間:11:00〜15:00,17:30〜22:00(土・日・祝日は通し営業)
定休日:水・木曜日
ホームページ:http://www.magicspice.net/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年4月27日現在のものです

posted by ふすか at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

祝!7周年!! - verodeca

4月20日、21日と開店7周年記念イベント開催中のベロデカ(verodeca)さんに行ってきました☆

前回のレビューはこちら

このベロデカさんは地下鉄宮の沢駅の裏に位置するスープカレー店。

通常このベロデカさんでは、レギュラースープのいつものと旨辛スープの黒旨(+100円)に加えて、日替わりで選べるトマト系スープのうまトマ(+50円)[火・木・土]とクリーミースープのこくナッツ(+50円)[水・金・日]の中からベースのスープを選択でき、さらにジューシーやわ鶏(950円), とろトン煮込み(1,000円), 四季彩ベジたべる(950円)に、毎月変わるマンスリーカレー(1,100円)から選べるシステムです。そして辛さも1番から8番(6番以降は辛さが上がる毎に+50円)から選択出来ます。

しかし、この2日間はオープン7周年記念として特別カレーのベロデ感謝カレーが500円で提供されています!

そこで今回はこのベロデ感謝カレー(500円)を辛さを6番(+50円)で注文し、さらにトッピングで前回美味しかった炙りチーズ(150円)も追加です♪

出てきたスープは、濃褐色のわずかにトロリとしたタイプのスープ。相変わらず旨みとスパイス感もバランスがよく取れた美味しいスープで、奥の方に感じる和風のダシの風味が心地よいです。

そして、具材の方はというと柔らかいチキンレッグを筆頭にニンジンやジャガイモ、オクラにレンコン、ブロッコリーにゆで玉子と小ぶりではありますが色々な素材を楽しめます。

そして、ライスの方にはバーナーで炙られたチーズがかかっており、これも香ばしくて美味しい。

ベロデカさん7周年おめでとうございます♪

店名:Spice cafe Verodeca(スパイス・カフェ ベロデカ)
住所:札幌市西区宮の沢1条1丁目6-27 サンステージ宮の沢1F
電話:011-666-6661
営業時間:11:30〜21:00
※ ランチタイム 11:30〜14:00
定休日:無休
ホームページ:http://www.verodeca.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年4月21日現在のものです

posted by ふすか at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

今度は誕生日 - gopのアナグラ

僕の好きなスープカレー店gopのアナグラさんのsinさんが4月17日に誕生日を迎えられるとあってお祝いを言いに行ってまいりました♪

前回のレビューはこちら

このgopのアナグラさんは、琴似本通りを山の手の方に直進した所にあり、パン屋さんのもりもとさんの向かいに位置しているマニアに人気のスープカレー店。

そして、sinさんの誕生日を記念して4月19日から21日までの3日間、誕生日イベントを開催中。例年恒例の鶏ガラで炊いたリッチなライスを始め、ハズレなしのクジなどスペシャルな特典があります♪

そこで、今回はレギュラースープカレーチキンと野菜(900円)を辛さ50番で注文。

さらにスペシャルトッピングのでかい海老のサンバル炒め(420円)に粗挽きラム(350円)も追加☆

待つこと数分、目の前に現れたのはgopのアナグラさんらしい濃赤褐色の濃厚かつややサラサラタイプのスープ。スパイスの風味を強く感じられる秀逸な味わいのスープです。さらに今回は、トッピングで追加した粗挽きラムの風味が合わさり、より味わい深く仕上がってます。

そして、具材も表面が炙られて香ばしくホロホロのチキンレッグに加え、ニンジンやジャガイモ、レンコンにオクラ、水菜にヒラタケ、それにゆで玉子とボリュームたっぷり。さらに、今回トッピングした粗挽きラムがワイルドな食感で旨みをさらに深くしてくれます。

そして、もう一つのトッピング、でかい海老のサンバル炒めがホントにでかい。体長10センチは軽く越える大海老をこれまた海老の旨みが凝縮されたサンバルソースで炒められていて、ホント旨い。このサンバルソースだけでご飯がいただけます☆

今回も美味しいスープカレーありがとうございます。そして、sinさんお誕生日おめでとうございます!

店名:soup curry gopのアナグラ
住所:札幌市西区山の手3条6丁目1-17もりもとさん向かい
電話:011-612-6208
営業時間:平日 11:30〜21:00,(日・祝 11:30〜20:00)
(ランチタイム 11:30〜14:30)
定休日:木曜
ホームページ:http://gop-soupcurry.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年4月19日現在のものです

posted by ふすか at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

フレンチなスープカレー(?) - KEN(ケン)

本日オープンのスープカレー&ルーカレーのお店KEN(ケン)さんへ行ってまいりました。

このKENさんは、環状通沿い、北斗高校の道路を挟んだ隣に出来た新店。地下鉄だと、東豊線北13条東駅が最寄りとなります。

店内は、落ち着いた内装で統一されていてモダンな雰囲気のお店。大きな窓によりカレー店というよりはカフェ的な印象です。

そして、メニューはスープカレーメニューとルーカレーメニューの2系統があり、スープカレーメニューは、チキンカレー(980円)を筆頭にフランス産鴨胸肉のカレー(1,580円)なんて珍しいメニューもあります。

辛さも、1番から5番まで5段階から選択可能。

そこで、スープカレーメニューのハンバーグカレー(1,080円)を辛さ4番で注文してみました。

待つこと数分、登場したのはかなり澄んだ透明感溢れるスープとハンバーグが堂々とオンしたライス。

このスープは、見たまんまのサラサラタイプで、非常にあっさり。直線的に感じられるコリアンダーが主張しすぎていて、他のスパイス感が感じられない。これは、今で食べてきたスープカレーとは別もの的な孤高のスープに仕上がってます(^^;

その中には、ニンジンやジャガイモ、レンコンにナス、ピーマンとパプリカにブロッコリーが入っていますが、合わせて野菜スープ(?)って感じです。

一方、ライスオンのハンバーグは割ると中から肉汁がタップリと出てきて、かなり美味い。それもそのはずマスターがフレンチ出身らしく、それぞれの具材は丁寧に処理されていて美味しかったです。

ルーカレーメニューには、フォアグラハンバーグカレー(1,380円)なんて気になるメニューもあり、次はルーで攻めてみようかな☆

店名:スープカレー・ルーカレー KEN(ケン)
住所:札幌市東区北15条東1丁目2-17 イースタンビル1F
電話:011-752-7555
営業時間:11:30〜16:00, 17:30〜21:30
定休日:水曜

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年4月12日現在のものです

posted by ふすか at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

4月4日は、シシカバブの日w - 天竺Jr.

4月1日に引き続き、4月4日もスープカレー仲間内でそわそわする日(笑)

この4月4日は、シシの日が転じて(?)シシカバブの日ということで、シシカバブが人気の天竺さんで毎年イベントをやっております。っということでFC店の天竺Jr.さんに行ってきました♪

前回のレビューはこちら

この天竺Jr.さんは、東区役所方面から札幌中央郵便局の裏の卸センターに抜ける斜め通り、いわゆるファイターズ通り沿いに位置しているお店。店内は、暖色系の内装に統一されていて、なかなかポップな雰囲気のお店。

そして、4月4日はシシカバブの日ということで、ブログの読者限定でシシカバブ1本サービスディでした☆

この天竺Jr.さんメニューの方はというと、北海道マハラジャカレー(1,100円)を筆頭に、ラムラーに大人気のキーマカレー(850円)やシーフードカレー(1,300円)など、多彩なメニューが取り揃えられております。

そこで、前々から気になっていたポークスペアリブカレー(1,000円)を辛さV2で注文し、さらにサービスのシシカバブ岩のり(80円)と気まぐれトッピングのと行者にんにく入りシシカバブ(150円)と前回感銘を受けたシシカバブ風メンチカツ(200円)まで、タップリとトッピング。

出てきたのは、いつも通りグツグツ煮立った土鍋入りのスープカレー。やや透明感ある茶褐色のサラサラスープに、独特のスパイス感がたっぷり。今回はトッピングしまくったせいでスープがほとんど見えませんが(^^;

トッピングした2本のシシカバブの下に骨付きのスペアリブがゴロッと。これが見た目に反して柔らかくて、そして食べ応えあり☆その他、ニンジンやジャガイモ、ナスにピーマン、シメジにゆで玉子と具材タップリ。

トッピングしたのはどれも美味しかったのですが、中でも行者にんにく入りシシカバブ(150円)は、香りの強い行者ニンニクにシシカバブのスパイスが並び立ち存在感抜群の美味しさに仕上がってます。これは、春シーズンしか食べられないというのはホントもったいない。

もちろん、リピータートッピングのシシカバブ風メンチカツ(200円)は、スパイシーなシシカバブの旨みと香りがメンチカツの衣に閉じ込められて、最強です!

店名:南インドスープカレー 天竺Jr
住所:札幌市東区北7条東3丁目 タウンローヤル73 1F(ファイターズ通り沿い)
電話:011-711-1008
営業時間:11:00〜21:00
定休日:火曜
ホームページ:http://www.jr-tenjiku.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年4月4日現在のものです

posted by ふすか at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

4月1日冗談カレー! - デストロイヤー

4月1日はエイプリルフール。そして、スープカレー仲間ウチでは村上カレー プルプルさんとカレー魂 デストロイヤーさんの開店記念500円カレーの日であり、ウソのような冗談カレーの日でもあります(笑)

そこで、仕事明けに急いでカレー魂 デストロイヤーさんへ行ってきました。

前回のレビューはこちら

このデストロイヤーさんは、札幌医科大学の裏通りでもある南4条の通り沿い、オレンジ色の看板が目印のお店。お店の前や他にも駐車場があるのがありがたいです。

店内は、落ち着いた基調で統一されていて、壁には限定カレーやポスターなどが所狭しと貼られ、レゲエが流れる村上ワールドが展開されてます♪

通常メニューは、全品950円に統一されており、平日のランチタイム(11:30〜14:30)だと750円でいただけます。しかし、4月1日はそれが500円でいただけます♪

そして、辛さは0番から100番(21番以降は通常ランチタイムのみ有料)まで選択可能です。

そこで、今回はカレー魂 デストロイヤーさん限定レギュラーカレーメニューのシーフード・カレー(500円)を辛さ30番(+50円)で、さらにやっぱり冗談カレーの納豆カレーナン定食(500円)を辛さ30番(+50円)に痺れトッピングを10シビ(+50円)で注文です。つまり2カレーです(^^;

出てきたカレーは、2皿ともデストロイヤーさんらしい赤褐色のややトロミのあるスープ。力強いスパイス感はいつも通りですが、具材やシビ(山椒パウダー)によって味わいや旨みが変化し、それでいて共に美味しいというのはさすがです。

写真奥のシーフードカレーは、エビやイカ、ホタテの他に鮭フレークやニンジン、ジャガイモにピーマンが入って海鮮の旨みが感じられる風味豊かなスープ。

一方、シビの入った写真手前のスープは鶏挽肉にニンジン、ジャガイモにピーマンにグリンピースが入ったシンプルなスープですが、シビの痺れと鶏挽肉由来の動物性の旨みでシーフードとのコントラストもなかなか良い。

そして、冗談カレーの目玉、納豆カレーナンが面白い。納豆を包んだナン風のパンは少々堅いですが、納豆独特の臭さはあまり感じず、スープの力強さにも負けず美味しく面白いです。

今日は、さらにおめでたいサプライズもあり幸せな気持ちになる2杯でした☆

店名:カレー魂 デストロイヤー
住所:札幌市中央区南4条西21丁目 第5藤栄ビル 1F
電話:11:30〜14:30, 17:00〜21:00
営業時間:011-512-2209
定休日:木曜
ホームページ:http://www5d.biglobe.ne.jp/~pulu2-cr/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年4月1日現在のものです

posted by ふすか at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

やっぱり老舗のルーカレー♪ - コロンボ

久々に札幌の老舗ルーカレー店カリーハウス コロンボさんに行ってきました。

前回のレビューはこちら

このコロンボさんは、地下鉄札幌駅の8番出口につながる札幌国際ビルの地下1階にある飲食店街の一角を担うカレー店。創業が1973年というから僕が生まれる前から営業されている老舗です。

店内は、カウンター席が数席といった感じで、サラリーマンが短時間でカレーを食べて出て行くカレースタンドといった感じのお店。

しかし、メニューの方は結構多彩。たまごカレー(580円)から始まりビーフカレー(750円)やポークカレー(750円)、チキンカレー(750円)の他にエビカレー(750円)なんてものもあります。

そして、ライスの量も選択出来て大盛りのビッグ(+100円)やさらに大盛りスーパー(+200円)、ライスのお代わり自由なジャンボ(+300円)があります。

そして、毎日日替わりの日替りカレー(850円)もあり、本日の日替りのチキンカツカレー(玉子付き)(850円)を注文しました。

待つこと数分。大皿にルーがなみなみと盛られたカレーライスに揚げたてのチキンカツとゆで玉子のスライスが登場です。

相変わらずのトロミが少なく、スパイシーさと酸味に独特の旨みが複雑に絡みあったルーが美味しい。しかも、このルーはおかわり自由。ライスが半分くらいまで食べた時点でおかわり頼んじゃいました(^^;

そして、揚げたてのチキンカツもサクサクの衣で美味しいし、ゆで玉子もいい味を出してます♪

食後のサービスのアイスも美味しくいただきました☆

さすがの老舗のカレーでした(^^)

店名:カリーハウス コロンボ 本店
住所:札幌市中央区北4条西4丁目 札幌国際ビルB1F
電話:011-221-2028
営業時間:11:00〜20:30(土・日・祝日 〜19:00)
ホームページ:http://www.colombo1973.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年3月30日現在のものです
posted by ふすか at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

仙台駅de鮪三昧 - 北辰鮨

仙台編もいよいよ最終回。最後に取っておいたのはお寿司!

仙台駅の3階"すし通り"にある北辰鮨 仙台駅3階店さんへ行ってきました☆

この北辰鮨さんは、鮮魚・海産物の卸/直販業の会社直営のお寿司屋さん。そして、この北辰鮨さんは仙台駅内に2店舗あり、この3階のお店は立ち食い寿司屋さん(1階の店舗はテーブル席)。

サクッと食べて帰るなら3階店の方が良さそうと言うことで、3階店にお邪魔しました。

僕が到着したときにはもうすでに3組ほど並んでおり、十数分の待ち時間。

待ちつつ、何を食べようかシュミレーションをしていたり…(^^;

それで、ついに店内へ。

まず注文したのがちょい吞みハシゴDeセット(1,000円)。

このちょい吞みハシゴDeセット(1,000円)は、毎週水曜日の17時から19時半までの時間限定ですが、ビールor日本酒1杯と小鉢2品が付くお得なセット。

この日は、アジのなめろうと鮪の中落ちが付いてきました♪

さらに、本鮪セット(300円)という本マグロの頭肉の炙りと本鮪のほほ肉の炙りのセット。

さらにさらに、炙りセット(300円)も注文。こちらもマグロのスジ肉の炙りと皮の炙り。

こうやって食べ比べてみると、それぞれの部位で食感や味わいが違う。個人的には、皮の炙りがトロリととろける食感で実はおかわりしちゃいました。

その他、鮪みそ(1貫70円)なんてマグロの味噌漬けを炙ったメニューなどもいただいて、さらにお酒も追加したのに2,500円程度でした。

安くて美味しくって、満足度の高いお店でした。

間違えなくまた仙台駅に行ったら寄るお店です☆

店名:北辰鮨 仙台駅3階店
住所:宮城県仙台市青葉区中央1条1丁目1 仙台駅3F
電話:022-214-6180
営業時間:10:00〜22:30
定休日:無休
ホームページ:http://www.hokushin-suisan.co.jp/tenpo/miyagi_07.html

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年3月27日現在のものです

posted by ふすか at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

ランチ限定!牛たんづくし!! - 利久 西口本店

仙台発祥の牛たん焼き、その牛たん焼き専門店が全国各地に広がっておりますが、その中でトップクラスの知名度を持ったお店の総本山利久 西口本店さんへ行ってきました。

この利久 西口本店さんは、仙台駅西口の駅前通りと広瀬通の交差点付近に位置するハーブ仙台ビルの5階ワンフロアまるまる店舗の大きなお店。

ちなみに、仙台駅東口側にも利久 東口本店さんがあるらしい(^^;

この利久 西口本店さんのメニューは、ランチメニューとディナーメニューに分かれいて、定番の牛たん定食(ランチ価格 1,200円)をはじめ、牛たんカレー定食(ランチ価格 900円)や牛たんチーズクリーム煮定食(900円)など様々なメニューが取り揃えられております。

そんな中から、西口本店限定ランチタイム限定数量限定の牛たんづくしプレート(1,500円)にさらにオプションで牛たん焼きをワンランク上の厚切り【極】に+500円でグレードアップした牛たんづくしプレート【極】(2,000円)を注文しました。

もうその内容が豪華絢爛。1.5cmはあろうかという極厚の牛たん焼きを筆頭に、牛たんの唐揚げに牛たんシチュー、牛たんの角煮に牛たんポン酢和え、牛たんピリ辛煮に牛たんのマリネ、そしてもちろんテールスープに麦飯までの牛タン三昧です。(さらに、サラダとお新香付き)

ランチで2,000円はちょっと贅沢ですが、その価格に見合うというかそれ以上の内容でした☆

店名:牛たん炭焼 利久 西口本店
住所:宮城県仙台市青葉区中央1丁目6-1 ハーブ仙台ビル5F
電話:022-266-5077
営業時間:11:30〜14:30, 17:00〜23:00
(土・日・祝 11:00〜)
定休日:無休
ホームページ:http://www.rikyu-gyutan.co.jp/
より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2013年3月26日現在のものです

posted by ふすか at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。