2015年05月15日

グランプリのカレースタンド - 日乃屋 神田店

東京2件目のカレーは、カレーの聖地神田にあるカレー店日乃屋 神田店さんに行ってきました。

日乃屋カレー hinoya enter

この日乃屋さんは、2011年から神田で開催されている神田カレーグランプリで2013年にグランプリに選ばれたお店。神田駅と岩本町駅の中間くらい、オフィスビル街の近くにある高架下の小さなカレー店。カウンターに数席の備え付けの椅子があるだけのザ カレースタンドというシンプルな内装です。

注文は、食券で購入するシステムで、日乃屋カレー(650円)から名物カツカレー(780円)や海老フライカレー(780円)などリーズナブルな価格のカレーやトッピングが揃ってます。

そんな中から、基本の日乃屋カレー(650円)を温玉でチョイス(温玉と生卵を選択可能)。

日乃屋hinoya 神田店 日乃屋カレー[温玉](650円)

食券を出して数秒で、目の前にカレーが登場。早いです! 写真ではわかりにくいですが、直径30cmほどの大皿に盛られたカレーは、結構なボリューム。褐色のカレーはねっとりと粘りがあって独特のスパイシーなルーが舌にしっかりと絡みついて、美味しさをしっかりと楽しめます。そして、温玉と合わせるとマイルドな味に変化してこれまた面白い。卓上の福神漬けやガーリック入りの天かすともよく合って、美味しい。食後には、スパイスの味がほとんど残らない切れ味も素晴らしい。

早い、安い、旨いの三拍子がそろったカレーで、サラリーマンの昼食には最適なお店ですね。

店名:日乃屋 神田店
住所:東京都千代田区鍛冶町2丁目11-16
電話:03-6206-4795
営業時間:11:00〜15:00, 17:00〜20:00(土曜は昼の部のみ)
定休日:日・祝日
ホームページ:http://www.hinoya.info/

※ 本情報は2015年05月15日現在のものです
posted by ふすか at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

超巨大なドーサのランチ - ゴヴィンダス

仕事で東京に行ったついでに船堀にあるカレー店ゴヴィンダス(Govinda's)さんに行ってきました。

Govindas enter

このゴヴィンダスさんは、都営新宿線の船堀駅から線路に沿って都心方向に少し進んだところにある民家の中のインドカレー店。カレーとナンのセットの北インドランチメニューのランチタリー(750円+税)や、ドーサの食べられる南インドランチメニューのランチタリー(750円)など。その中から、南インドランチメニューのゴビンダススペシャルタリー(950円+税)を注文しました。

Govindas ゴビンダーズスペシャルターリー(1026円)

待つこと十数分、出てきたのは直径40cmはゆうにありそうな巨大なドーサが乗ったプレートカレーセット。ドーサとは、南インドの軽食として知られる米や豆を発酵させたペーストで焼くクレープのこと。この大きさと共に焼き色も見事です。表面がサクサクで、内側はもっちり。若干の酸味と強めの塩味で、食べ応えのある味わいです。

このドーサの中には、ジャガイモのカレー炒めのポテトマサラが詰め込まれていて、ドーサと一緒にココナッツチャタニやトマトチャタニをつけながらいただきます。その他、サンバルにラッサムというスパイシーなスープにライス、サラダにインド風ドーナッツのワダ、アプラム(パパド?)まで付いて盛りだくさん。

ドーサは、軽食的な扱われ方がされてますが、このボリュームがあると流石に食事として十分満足できました。


店名:インド料理の店 ゴヴィンダス(Govinda's)
住所:東京都江戸川区船堀2丁目23-4
電話:03-6808-2157
営業時間:11:00〜15:00, 17:00〜21:00
(土・日 10:30〜14:30, 17:30〜21:30)
定休日:不定休
ホームページ:http://www.govindas-tokyo.com/

※ 本情報は2015年05月14日現在のものです
posted by ふすか at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

ボブ・マーリー追悼カレー - 村上カレープルプル

5月11日ということで、村上カレー店 プルプル(PULU2)さんに行ってきました。

プルプルpulu2 enter

前回のレビューはこちら

5月11日は、レゲェミュージシャンのボブ・マーリーの命日であり、この日は今回訪問したプルプルさんと姉妹店のデストロイヤーさんでは、ボブ・マーリー追悼500円カレーとしてカレー全品が500円で注文できます。

今回訪問したプルプルさんは、札幌市中央区役所や札幌医科大学にほど近い裏通りの地下にひっそりと位置するお店。店内は本当に地下倉庫のような無骨な内装ですが、そんな独特の雰囲気を味わえるのがプルプルさんの魅力です。

このプルプルさんは、代名詞的メニューのナット・挽肉ベジタブルほか、ラムポール・ベジタブルや和風キーマ・カレーなどのカレーがそろっており、全メニューが通常1,000円、ランチタイム(平日11:00〜14:00)は800円)で食べられます。

今回は、全品500円ということなので、このプルプルさん限定メニューのねぎ・ぶたカレー(特別価格500円)とホタテ・ベジタブル(特別価格500円)の2カレーを辛さの50番(+50円)で注文しました。

プルプルPulu2 ねぎ・ぶたカレー(50番 500 50円) ホタテ・ベシタブル(50番 500円)

こうやって目の前に2杯のカレーが並ぶと壮観です(^^; カレーは、茶褐色のトロリとした少々粘度のあるタイプのカレーで、力強いスパイスが心地よい味わいに仕上がっています。

手前の、ねぎ・ぶたカレーは、醤油ベースのやわらかい豚の角煮がコロコロと入ったスープで、その旨みがスープに溶け出て、味の深みが増しています。一方、奥のホタテ・ベジタブルは、大小のホタテが入っており、上品な旨みも一緒に感じられるスープです。それぞれ具材によってこんなにも味わいに違いがでて、一杯一杯それぞれの旨みを堪能できました☆

店名:村上カレー店 プルプル
住所:札幌市中央区南2条西9丁目 ケンタクビル29B1F
電話:011-272-1190
営業時間:11:00〜20:00
定休日:日曜
ホームページ:http://www5d.biglobe.ne.jp/~pulu2-cr/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年5月11日現在のものです
posted by ふすか at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

新店舗で待望の"プレ"オープン - ZORA(ゾラ)

先月、移転のため一時閉店した実力派スープカレー店ZORA(ゾラ)さんがついに5月16日よりオープンとなります。それに先駆けて、プレオープンしているということで、早速行ってまいりました♪

ZORA 店舗new shop

前回のレビューはこちら

5月16日より移転オープンされるZORAさんは、大通公園7丁目の並び、西7丁目通り沿いの大通公園と市電通りの間に位置します。白い壁と大きな窓が印象的なオシャレで落ち着いた雰囲気のお店になっていました♪

このZORAさんは、Mama KAYのジャークチキンカレーが代名詞的なスープカレー店なのですが、5月8日、9日の2日間はプレオープンとして2種類程度のメニューが特別価格で提供されていました。この日は、こだわりベーコンとチーズイモモチのカレー(特別価格800円)とルーカレーの熟成カツカレー(特別価格480円)がありました。

そこで、今回はスープカレーのこだわりベーコンとチーズイモモチのカレー(特別価格800円)を辛さ5番(大辛)で注文しました。

ZORA こだわりベーコンとチーズイモモチのカレー(5番 800円[プレオープン価格])

出てきたカレーは、濃褐色のサラサラタイプのスープ。約1か月ぶりですがこの濃厚で幾重にも旨みとスパイスが折り重なったスープの復活を心待ちにしてました☆

そして具材の方はというと、メインのベーコンが柔らかくって、旨みたっぷり。さらにイモモチは中にとろりとチーズが入っていて、間違えない美味しさ。その他、ニンジンやナス、長芋にパプリカ、オクラにベビーコーン、キャベツにゆで卵も入って安定の美味しさでした。

これは、16日のオープン以降、フルメニューから選ぶのが楽しみです☆

店名:BAR CAFE SOUPCURRY ZORA(ゾラ)
住所:札幌市中央区南1条西7丁目12-5 大通パークサイドビル1F
電話:011-231-4882
営業時間:11:30〜21:00
定休日:日曜
ホームページ:http://ameblo.jp/zora-since-aug-19-2009/

※ 本情報は2015年05月08日現在のものです
posted by ふすか at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

帯広のマニアックなカレー店 - サンサーラ

網走からその足で帯広のカレーサンサーラ(Sansara)さんに行ってきました。

sansara-shop_thumb.jpg

このサンサーラさんは、帯広市のメインストリートの一つ白樺通り沿いのクランベリーの近く、コハタさんの裏に位置するお店。場所を知らないと、素直には中々たどり着けなさそうな場所にあります(^^;

そのメニューはというと、南インド エビカレー(1,120円)を筆頭にスリランカ風カレー(980円)や数量限定の旬の魚のカレー(980円)などがあります。そして、辛さも1番(ちょい辛)から5番(極めて辛口)まで無料で選択でき、さらに有料で6番10番までチョイス可能です。

そんな中から、セットメニューとして新登場したというスリランカ・プレート(3種類のカレー)(980円)を注文しました。ちなみにカレーが2種類のスリランカ・プレート(880円)もあります。

サンサーラ スリランカプレート[ポーク・大根・ひよこ豆 3種](980円) sansara

このスリランカ・プレートは、日替わりで3種類のカレーが乗った相盛りワンプレート。この日は、ポークカレーに大根のカレー、ひよこ豆のカレーの3種類です♪

ワンプレートに立体的に盛られたカレーの片面は、柔らかく煮込まれた豚バラ肉がゴロゴロと入ったスパイシーなカレー。その奥に、カツオ節のような和風テイストな旨みが隠れていて、旨い。その反対面には、やわらかく煮られた大根のカレーとホクホクのひよこ豆のカレーが。ココナッツの旨みが感じる柔らかい旨みのカレーで、風味がまた違っていて美味しい。

そのカレーの上には、薬味が乗っていて、いいアクセントになってます。さらに、羽根のように生えたパパドが面白い。

単品メニューにも、インドの甘辛唐揚げのチキン65の手法が用いられた、カスベ65(580円)なんてものもあって、これまた多では味わえない美味しさがありました☆

帯広には、他にも沢山のカレー店がありますが、ここも必訪のお店です(^^)

店名:SPICE CURRY&CAFE サンサーラ(SANSARA)
住所:帯広市西20条南3丁目28-5
電話:0155-35-5799
営業時間:11:30〜15:00, 17:00〜22:00(土・日・祝は通し営業)
定休日:月曜(祝日は営業)
ホームページ:http://www.sansaratokachi.com/

※ 本情報は2015年05月03日現在のものです

posted by ふすか at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

網走でラムプレートを - 木多郎 網走駒場店

旭川に引き続き、今度は網走のスープカレー店の木多郎 網走駒場店さんに行ってきました。

kitaro-shop.jpg

この木多郎 網走駒場店さんは、札幌澄川にある木多郎 澄川本店さんからのれん分けしたお店で、ここ以外に木多郎 岩見沢店さんも系列店の模様です。

場所は、網走の海岸に並行に走る本通りのベスト電器さんやダイソーさん、コープさっぽろさんのあるショッピングモールの中に位置します。お店は、イタリアンのような南欧風の明るい感じで、店内も落ち着いた雰囲気に統一されていてオシャレな感じです☆

そして、メニューの方はというと、木多郎さんの定番メニューである菜の花のはいったチキン野菜カレー(1,050円)やベーコンエッグカレー(1,050円)の他、土地柄かオホーツク帆立カレー(1,260円)やオホーツクたらばカレー(1,890円)など多数のメニューが取り揃えられています。そして、辛さも0番(レギュラー)から3番(辛口)までが無料で、さらに有料で6番(超激辛;+100円)までチョイス可能です。

そんな中から、一番人気メニューという生ラムステーキカリー(1,360円)を辛さ3番で注文しました。

木多郎 網走店 生ラムステーキカリー(3番 1360円) lamb

アツアツのスキレット(鋳物のフライパン)で出てきたのは、スープカレーというよりはジンギスカン定食的な見た目の料理。山のように盛られた味付きのやわらかいラム肉があり、その下には玉ねぎやキャベツで底上げされています。そして、付け合わせ的な位置には、トマトにニンジン、ナスにピーマンが盛ってあり、構成はスープカレーですが、見た目はやっぱりジンギスカンプレートです(笑) そのジンギスカンが浸っているのが、トマトベースのスープカレーで、サラサラで甘みの感じる優しい感じの味わいです。ただ、スープの量はひかえめで少々物足りない(^^; ラム肉はレア気味で、柔らかくって美味しかったのですが…

他のメニューはちゃんとした深皿で出てきていたので、スープカレーをしっかり堪能したいのなら、別のメニューを頼んだ方がよいかと思いますが、ラムをたっぷり食べたいなら、このメニューはアリですね。

店名:スープカリー専門店木多郎 網走駒場店
住所:網走市駒場北5丁目83-8
電話:0152-45-5010
営業時間:11:30〜22:00
定休日:無休
ホームページ:http://www.kitaro-curry.com/

※ 本情報は2015年05月03日現在のものです

posted by ふすか at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

旭川で尖ったスパイスを - アジア金星堂

旭川のカレー店のアジア金星堂さんに行ってみました。

アジア金星堂kinsedo shop.jpg

このアジア金星堂さんは、旭川の厨房橋通りと花咲通りの交差点にほど近いカレー店。アジアンテイストたっぷりの店内で、さまざまなカレーが楽しめるマニアックなお店だということ(^^;

そのメニューはというと、日本型ルゥカレーのジャパンカレェハロハロ(チキン&ポークミックス)(850円)など4種類をはじめ、スープスタイルのサッポロスウプカレエ(1,050円〜)、ココナッツとハーブのテイストのタイのカレー(1,200円〜)、あま辛さらさらタイプのインドネシアのカレー(1,200円〜)、さらにインド、パキスタンのカレー(1,050円〜)など、系統別に20種類以上の多様なカレーが取り揃えられています。そして、辛さも0番(家庭用カレーの中辛程度)から5番(+150円)、そしてその上のX番(+250円)まで6段階。基本が中辛以上の辛さのため、子供向けのカレーは無いそうです。また、メニューによって選択できる辛さが決まっています。

多数のカレーがあり、かなり迷いましたがインド、パキスタンのカレーから南インド風のスープカレーのチキンビンダルー(1,050円)を辛さ4番で注文しました。

アジア金星堂 チキンビンダルー(4番 1050円) chikin

出てきたのは、深めのどんぶりに入った真っ赤なさらさらタイプのスープ。その中に、たっぷりと具材が入っています☆ スープは、表面に張った油膜をかき分けてすくったスープは、刺激的なスパイスが一気に口の中に広がり、その後にトマトの旨みと柔らかな酸味が口に広がります。そして、その味わいが、サラッと去っていく非常に切れ味の鋭いスープです。これは、他では食べたことのない独創的なスパイス使いで、面白い。

そして具材は、2つにカットされた骨付きチキンレッグの他、ニンジンにジャガイモ、ナスにピーマン、パプリカに白菜、コーンにニラ、水菜に半熟玉子、そしてヌードルが入って盛りだくさん。

決して万人受けしない尖がった味わいのカレーですが、また食べたくなる不思議な魅力のある一杯でした☆

店名:アジア金星堂
住所:旭川市東5条11丁目2-1
電話:0166-25-1503
営業時間:11:00〜14:00, 17:00〜21:00
定休日:火曜・第1, 第3水曜

※ 本情報は2015年05月02日現在のものです

posted by ふすか at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

サワークリームde七変化 - トムトムキキル

清田区のスープカレー店トムトム キキル(tom tom kikir)さんへ行ってきました。

トムトムキキル shop.jpg

前回のレビューはこちら

このトムトム キキルさんの場所は、羊ヶ丘通りを札幌ドームの裏から清田方面に進み、吉野家さんある交差点を右折、しばらく進んだ住宅街のなか。

外観同様、店内も明るい雰囲気で、カウンター席やテーブル席の他、小上がりまである家族連れにも嬉しい内装。

それでメニューの方はというと、定番のチキンのスープカレー(940円)を筆頭に、やさいたっぷりスープカレー(1,080円)などの定番メニューに加え、とろ〜りチーズチキンカツとやさいのスープカレー(1,230円)や牡蠣ベーコンとやさいのスープカレー(1,280円)など名前だけでもよだれが出てきそうな美味しそうなメニューが取り揃えられています。そして、辛さも0番(辛さなし)から10番(大辛)までが無料で、さらに有料でピッキーヌが番号が増えるごとに追加され20番では14本のピッキーヌ入りの辛さまでチョイス可能です。

今回は4月の土日限定メニューのラム肉とサワークリームオニオンのスープカレー(1,380円)を辛さ8番で注文、さらにニンジンとひよこ豆のサラダ(100円)を追加しました。

トムトムキキル 土日限定ラム肉とサワークリームオニオンのスープカレー(8番 1380円) ニンジンとひよこ豆のサラダ(100円) tomtom kikir

出てきたスープは、赤褐色で油分少なめのややトロリとしたスープ。デミグラスソース的な見た目ではありますが、落ち着いたトマトベースの濃厚な旨みとその中でも存在を感じられるスパイス感。それでも、ほっこりと温まる優しい味わいのスープです。

その中に、ほろりとほぐれるワインで煮込まれたラム肉に、ニンジンにジャガイモ、ブロッコリーにオクラ、ヤングコーンにシメジ、キクラゲに水菜、そして半熟玉子とたっぷりの具材。上には、自家製のサワークリームが乗っており、それを少しスープに溶かすだけで、コクが増し味わいが変わります。これは面白い。

そして、トッピングしたニンジンとヒヨコ豆のサラダは、インド料理のニンジンのアチャール(漬物)風な感じでほのかな酸味とライトな食感で、いい口直しになっています。カレーを食べつつ、このサラダを食べると、また新しい味覚でカレーを何度も楽しめます。これは、よい。

今回も、大満足の一杯でした♪

店名:スープカレー トムトムキキル(tom tom kikir)
住所:札幌市清田区清田3条2丁目14-15
電話:011-881-6280
営業時間:11:30〜15:00, 17:30〜20:30
(土・日・祝は通し営業, 火曜ランチ営業のみ)
定休日:水曜

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年4月25日現在のものです

posted by ふすか at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

スパイスと酸味のマリアージュ - 天竺Jr.

4月23日〜25日の3日間、ラムまつり開催中と聞いて、東区のスープカレー店天竺Jr.さんに行ってきました。

天竺 Jr. shop

前回のレビューはこちら

この天竺Jr.さんは、東区役所方面から札幌中央郵便局の裏の卸センターに抜ける斜め通り、いわゆるファイターズ通り沿いに位置しているお店。店内は、暖色系の内装に統一されていて、なかなかポップな雰囲気のお店。

そして、4月23日からの3日間はきまぐれトッピングにラム料理がたくさん並ぶラムまつりです(笑)具体的には、ラムフライドライス(680円)、ツムラムジンギスカン(350円)、ラムラッサム(500円)、ラム65(480円)の4品が並ぶ予定らしい。

この天竺Jr.さんは、北海道マハラジャカレー(1,050円)を筆頭に、ラムラーに大人気のキーマカレー(950円)やシーフードカレー(1,400円)など、多彩なメニューが取り揃えられております。

そんな中から、今回はラム全品というのも考えましたが、4f月後半のカレーのラムキーマビンダルーのスープカレー(1,000円)を辛さはベリーホットで注文しました。さらにきまぐれトッピングのラム65(480円)を追加しました。

天竺Jr. ラムキーマビンダルーのスープカレー(ベリーホット 1000円) ラム65(480円)

土鍋でぐつぐつ煮立って出てきたのは、通常の茶褐色のスープよりやや透明感のあるサラサラのスープ。しっかりとしたスパイス感に、ピンダルーの酸味がスープに追加されて、いつもよりも優しい味わいのすーぷになっています。これは、二日酔いで食べると一気にすっきりしそうなさっぱり感が出ていておいしい。ただし、酸味が苦手な人はダメかもしれないので、人を選ぶスープですが…(^^;

そして、具材は、皿の底にたっぷりとラム挽き肉が沈んでおり、さらにジャガイモ、人参、ナスにレンコン、オクラにピーマン、パプリカにキャベツ、ウズラの卵と盛りだくさん。見た目こそ地味ですが、このスープは大ヒットです☆

トッピングのラム65は、インドのチキン65という料理のラムバージョン。しっとりとローストされたラムは、スパイシーで美味しい。これを肴にビールというのも全然ありですわ♪

店名:南インドスープカレー 天竺Jr.
住所:札幌市東区北7条東3丁目 タウンローヤル73 1F(ファイターズ通り沿い)
電話:011-711-1008
営業時間:11:00〜21:00
定休日:火曜
ホームページ:http://www.jr-tenjiku.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年04月23日現在のものです

posted by ふすか at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

ハッピーバースデー - gopのアナグラ

僕の好きなスープカレー店gopのアナグラさんのsinさんが4月17日に誕生日を迎えられるとあってお祝いに行ってまいりました☆

gopのアナグラ shop

前回のレビューはこちら

このgopのアナグラさんは、琴似本通りを山の手の方に直進した所にあり、パン屋さんのもりもとさんの向かいに位置しているマニアに人気のスープカレー店。

そして、sinさんの誕生日を記念して4月17日から19日までの3日間、誕生日イベントを開催中。例年恒例の鶏ガラで炊いたリッチなライスを始め、ハズレなしのクジなどスペシャルな特典があります♪

このgopのアナグラさんでは5種類のカレーが提供されており、切れ味鋭いスパイスを楽しめるレギュラースープカレーを筆頭に、フレッシュハーブの香り高いタイレッドカレー、タイのトムヤムクンに近い酸味と辛さが心地よい夏スープ、そして月替わりのインドカレーメニューのキーマカレー。さらにマレーシア風カレーのgop風カリー・アヤム(980円)の中から選べます。

今回の誕生日イベントではレギュラースープカレーが通常の鶏がらスープベースではなく、水と玉ねぎとスパイスで作るスパイス重視のマニアックなスープが食べられるレアな機会です。

そこで、そのレギュラースープのさかなときのこと野菜(1,280円)を辛さ50番で注文。さらにスーパーマトンキーマカレー[ハーフ](420円)をトッピングしました♪

gopのアナグラ さかなときのこと野菜(50番 1280円) スーパーマトンキーマカレー[ハーフ](420円)

そして、登場したのはgopのアナグラさんらしい濃赤褐色の濃厚かつややサラサラタイプのスープ。いつも以上にスパイスの風味を強く感じられ、さらに切れ味のあるシャープなスープです。これは、初期、僕が来始めたころのgopのスープを感じさせる懐かしいスープです。

そして、具材はゴロゴロと軽くソテーされた鮭の他、ニンジンやジャガイモ、レンコンにオクラ、水菜にヒラタケとマイタケ、それにゆで玉子とボリュームたっぷり。

ライスにトッピングした、スーパーラムキーマも、ラム好きにはたまらない旨みとスパイス感が合わさって最高です。カレーもラムもたっぷりいただいて、もう満腹。

今回も美味しいスープカレーありがとうございます。そして、sinさんお誕生日おめでとうございます!

店名:soup curry gopのアナグラ
住所:札幌市西区山の手3条6丁目1-17もりもとさん向かい
電話:011-612-6208
営業時間:平日 11:30〜21:00,(日・祝 11:30〜20:00)
(ランチタイム 11:30〜14:30)
定休日:木曜
ホームページ:http://gop-soupcurry.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年4月17日現在のものです

posted by ふすか at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

現店舗での〆カレー - ZORA

実力派スープカレー店ZORA(ゾラ)さんが5月くらいに移転オープンということで現店舗での食べ納めに行ってきました。 150416 ZORA enter

前回のレビューはこちら

このZORAさんは、大通り西9丁目と北1条通りに面したヤマダ電機 札幌本店のほぼ中間に位置するビルの地下1階の一番奥に位置するお店。この店舗での営業は明後日4月18日の売り切れまでということで、行ってまいりました。

このZORAさんのメニューは、Mama KAYのジャークチキンカレー(980円)を筆頭に、炙りラムのカレー(1,100円)やなめらかマッシュポテトとベーコンのカレー(1,100円)など個性的なメニューが揃っています。そして、辛さも1番(甘口)から6番(超辛)まで6段階を無料で選択可能です。

そして、スープカレー以外にもスープカレー屋の熟成カツカレー(750円)なんてメニューもあり、今回はその熟成カツカレー(750円)を注文。さらに、トッピングでクリーミー海老フライ(350円)を追加してアゲアゲなセットにしました☆

ZORA スープカレー屋の熟成カツカレー(750円) クリーミー海老フライ(350円)

手のひらよりも一回り以上大きなサイズのカツが乗ったカツカレー。さっくりとした衣のカツで、スプーンで簡単に切れるくらい柔らかい。これは別格です。そして、ルーの方もデミグラスソースのような濃厚で複雑な味わいが折り重なったカレーで、美味しくないはずがありません。

さらに、トッピングした海老フライも大きくて、さらに海老と共にクリームが衣に包まれていて、口の中で一気に旨みが広がります。ん〜、贅沢。

現店舗でカレーを食べるのはこれで最後ですが、より広くなる新店舗でまた味わえるのが今から待ち遠しいです☆

店名:BAR CAFE SOUPCURRY ZORA(ゾラ)
住所:札幌市中央区大通西8丁目2-39 北大通ビルB1
電話:011-231-4882
営業時間:11:30〜21:00
定休日:日曜
ブログ:http://ameblo.jp/zora-since-aug-19-2009/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年04月16日現在のものです
posted by ふすか at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

ニセコの小さなカレー屋さん - カリー小屋

ニセコに有名ながらレアなスープカレー店があります。その名もカリー小屋さん。そこについに行ってこれました☆

150412 カリー小屋 shop

このカリー小屋さんは、倶知安町の街中からニセコヒラフに上る途中に位置するペンション兼スープカレー店。その為か、ランチタイムの限られた時間のみの営業で、なかなか食べるのが難しいカレー店と言う印象です。

そのメニューは、レギュラースープのスパイシーカリーと数量限定のタイ風カリー(+100円)の2タイプのカレーがあり、チキン野菜(1,180円)を筆頭にコロッケ(1,180円)やカキ(1,280円)、エビカリー(1,300円)などが取り揃えられております。そして、辛さは1辛から10辛までの10段階(6辛からは+50円)に超辛1番〜3番(+100円)までから選択可能です。

そこで今回は、数量限定のタイカレーができるということでタイカレーのポーク野菜(1,330円)の5辛に、小河豚のフライ(中サイズ 350円)をトッピングしました。

カリー小屋 ポーク野菜[タイ風カリー](5辛 1,330円) 小河豚のフライ(中 350円)

出てきたのは、乳白色のややトロリとした濃厚なスープ。レモングラスやバイマックルー(コブミカンの葉)なんかの本格的なハーブがごろっと入っているし、ココナッツミルクもたっぷりと入っていて、濃厚で本格的なタイカレーです。

そして、メインのポークは、角煮というよりは煮豚に近い感じで、あっさりとやわらかい味わいでタイカレーとケンカせず相性がいい感じ♪その他もニンジンやジャガイモ、カボチャにピーマン、ナスにレンコン、ブロッコリーにウズラの卵などたっぷり。

トッピングの小フグのフライもさっくりとした衣にふわふわのフグで仄かな甘みも感じられて、こちらもGood。

なかなか美味しいカレーを楽しめました☆

店名:カリー小屋
住所:虻田郡倶知安町ニセコ高原ヒラフ山田74
電話:0136-23-3688
営業時間:11:30〜15:00頃(売り切れ次第閉店)
定休日:不定休
ホームページ:http://www.curry-koya.com/

※ 本情報は2015年04月12日現在のものです

posted by ふすか at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

南北カレー祭り! - Jhad Pul(ジャッド プール)

昨年9月に彗星のごとく円山にオープンした南北のインドカレー店Jhad Pul(ジャッド・プール)さんに行ってまいりました。

Jhad Pul 入り口1.jpg

このJhad Pulさんは、円山と旭ヶ丘の間、西25丁目通りから細い仲通りを入ったところにある民家を改修したお店。はっきり言って場所を知らないと一回で行くのは難しい隠れ家的なお店です。

そして、このJhad Pulさんの特徴としては、一般的なインドカレーのイメージの強い北インドカレーと、ヘルシーなインドカレーとして最近人気の南インドカレーの両方のカレーが楽しめるお店。その上、それぞれのカレーのレベルが高い!これは、探してでも行く価値はあります。

ですから、メニューには北インドカレーと南インドカレーの両方がたくさん載っています。特に、札幌では珍しい北インドのカレー定食というべきディナー・ターリー(2,300円)や南インドのカレー定食のディナー・ミールス(2,300円)が常に食べられるのがうれしい限り。

今回は、このJhad Pulさんで、スペシャルなカレーを堪能しようとカレー好きが集まりました☆

まずは、先日から登場し始めた南インドの軽食の代表メニューマサラドーサ(750円)を前菜(?)として注文です。

Jhad Pul マサラドーサ(750円)

この豆や米のペーストを発酵させてクレープ状に焼いたドーサが美しい。その中にはポテトマサラが詰め込まれており、ココナッツチャトニやサンバルを付けながら食べます。ドーサはモチモチしていて見た目よりも重たい食べ応え。ポテトマサラも美味しく、これだけでも結構満足です。

ですがしかし、今日のメインはここからです!

Jhad Pul マトンビリヤニ&ディナーターリー&ディナーミールス

完全予約制で3名分以上から注文のマトン・ビリヤニ(1,800円/人)をメインに、ディナーミールス(2,300円)とディナーターリー(2,300円)の南北インドの定食がそれぞれ並ぶ、盆と正月が一緒に来たようなお祭り状態。これは壮観です。

マトンビリヤニは、サフランの高貴な香りにスパイスやラムの旨みが合わさり、贅沢な味わいです。そして、一緒に出てきたビリヤニグレービーやライタというヨーグルトソースと合わせると、また味わいが変わって旨い。ミールスやターリーも数種類のカレーや主菜がたっぷりと味わえて、どれも美味しい。みんな無言で貪り食ってました(^^;

さらに、単品でチキン65なんかも堪能して、大満足のカレー祭りでした☆

こんなに贅沢をしてしまって、満足感とともに罪悪感も感じずにはいられないくらい、豪勢な食事でした(^^;


店名:Jhad Pul(ジャドプール)
住所:札幌市中央区南6条西24丁目3-21
電話:011-520-4600
営業時間:11:00〜15:00, 18:00〜22:00
定休日:不定休(ホームページで確認可能)
ホームページ:https://www.facebook.com/jhadpul

※ 本情報は2015年04月07日現在のものです

posted by ふすか at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

シシの日なので - 天竺Jr.

4月4日ということで、東区のスープカレー店天竺Jr.さんに行ってまいりました。

天竺Jr entry

前回のレビューはこちら

この天竺Jr.さんは、東区役所方面から札幌中央郵便局の裏の卸センターに抜ける斜め通り、いわゆるファイターズ通り沿いに位置しているお店。店内は、暖色系の内装に統一されていて、なかなかポップな雰囲気のお店。

そして、4月4日はシシの日、つまりシシカバブの日ということで、シシカバブで有名な天竺Jr.さんにやってきました☆

この天竺Jr.さんは、北海道マハラジャカレー(1,050円)を筆頭に、ラムラーに大人気のキーマカレー(950円)やシーフードカレー(1,400円)など、多彩なメニューが取り揃えられております。

そんな中から、当然のごとくシシカバブが2本入ったシシカバブカレー(1,000円)を辛さはV2で注文しました。さらに豪勢にシシカバブ(160円)をもう一本追加し、さらにラムキーマ(160円)までトッピングしちゃいました。

天竺Jr. シシカバブカレー(V2 1000円) シシカバブ(160円) ラムキーマ(160円)

最近は、マンスリーカレーばかりだったので、この黒い器は何か新鮮(^^; そして、ぐつぐつ煮立った褐色のさらさらタイプのスープが見えないくらいの具材の量。流石に3本のシシカバブはやりすぎました(笑) まず、スープの方は、安定のスパイス感たっぷりのパワフルなスープ。それに、ラムの味わいが加わって、鉄板の美味しさです。

そして、具材のシシカバブはラムの旨みとスパイスが効いていて、間違えなく旨い!さらに、ラムキーマやジャガイモ、人参、ナスにレンコン、オクラに味付たまごなども入っていて盛りだくさんでした☆

今年も、十二分にシシカバブを堪能させていただきました♪

店名:南インドスープカレー 天竺Jr.
住所:札幌市東区北7条東3丁目 タウンローヤル73 1F(ファイターズ通り沿い)
電話:011-711-1008
営業時間:11:00〜21:00
定休日:火曜
ホームページ:http://www.jr-tenjiku.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年04月04日現在のものです

posted by ふすか at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

ワイルドな味わいのエゾシカ肉 - 五○堂

久々に僕の好きなスープカレー店の一つ、五○堂(ごまるどう)さんに行ってきました♪

五○堂 入り口 150403

前回のレビューはこちら

この五○堂さんは、中島公園の前を通る山鼻9条通りと石山通りとの交差点の北東のブロック(市内中心部側)に位置するスープカレー店。店舗の隣に専用駐車場があるので、車で行けるのは大変ありがたいです☆

この五○堂さんのメニューはスープカレーインドカレーの2タイプのカレーからチョイス出来、スープカレーメニューではチキンカリー(1,000円)や特選シーフード(1,350円)などが取り揃えられており、インドカリーメニューでは、チキンカリー(900円)やなすチーズチキン(1,200円)などその日の気分で選択出来ます。もちろんカレーも辛さを1番から7番以上(7番から+100円)まで選べます。そして、土日も含めて11:00〜15:30まではランチタイムですべてのカレーにサラダが付き、さらに特別価格のランチメニューも揃えられています。

さらに五○堂さんでは、毎日のように旬の食材を使用した限定カレーがあるのも魅力の一つ。今回はその限定カレーのエゾシカのインドカレー(1,100円)があるということで、辛さは6番(超激辛)で注文しました。

五○堂 エゾシカのインドカレー(6超激辛 1100) 150403

久々に食べたインドカレーは、鋭いスパイス感で本格的な味わい。スープカレー店でここまでのレベルのインドカレーが食べられるのが五○堂さんの魅力の一つですね。そのスパイシーなインドカレーに強火でカリッとソテーされたエゾシカ肉がゴロゴロと乗っています。獣臭さは感じないエゾシカ肉は、香ばしくって弾力もあり、旨いの一言。他にレタスやドライトマト、パプリカにジャガイモやニンジンも入って、リッチな具材の一皿でした。

このエゾシカで、今シーズンの仕入れはおしまいらしいですが、大量に仕入れて現在熟成中ということで、近日中に再びエゾシカを食べる機会があるらしいです。限定メニューの情報が発信される五○堂さんのTwitterFacebookを要チェックですね☆

店名:カリー乃 五○堂
住所:札幌市中央区南8条西10丁目1277-37 カネトモビル2 1F
電話:011-513-1550
営業時間:11:00〜16:00, 18:00〜22:00(土日祝日 通し営業)
定休日:木曜
ホームページ:http://gomarudo.jimdo.com/
より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年04月03日現在のものです

posted by ふすか at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

4月1日 冗談カレーの日 - デストロイヤー

中央区のスープカレー店カレー魂 デストロイヤーさんへ行ってきました。

デストロイヤー 入り口 150401

前回のレビューはこちら

このデストロイヤーさんは、札幌医科大学の裏通りでもある南4条の通り沿い、オレンジ色の看板が目印のお店。そして、店内は、落ち着いた基調で統一されていて、壁には限定カレーやポスターなどが所狭しと貼られ、レゲエが流れる村上ワールドが展開されてます♪

通常レギュラーメニューは、全品1,000円に統一されており、平日のランチタイム(11:30〜14:30)だと800円でいただけます。そして、辛さは0番から100番(21番以降は通常ランチタイムのみ有料)まで選択可能です。

このデストロイヤーさんはこの4月1日で11周年を迎えられ、そのオープン記念日は全カレー500円でいただくことができます。そして、4月1日はエイプリルフールでもあることから、この日限定で冗談のようなカレー、通称冗談カレーが登場します。また、姉妹店のプルプルさんは今日で20周年を迎えられます☆

そこで、今回は全品500円ということで調子に乗って、期間限定メニューの南印風エビチリカレー!(500円)を辛さ50番(+50円)に加えて、今年の冗談カレーぎょにそキーマカレー!(500円)も辛さ50番(+50円)の2皿で注文しました。

デストロイヤー 南印風エビチリカレー!(50番 500 50円) ぎょにそキーマカレー!(50番 500 50円)

写真手前が南印風エビチリカレーです。赤褐色のややとろみの感じられるみためはいつも通りですが、いつものスパイシーな味わいに加えて、ライトな酸味がプラスされていて、これは面白い。確かにエピチリソース的な味わいが感じられます。具材も小ぶりなエビが結構いっぱい入っていて、さらに食感のよいレンコンにニンジン、ジャガイモ、グリンピース、チンゲン菜やネギが入っています。これはこれで、冗談のような美味しさのカレーです(笑)

そして、今年の冗談カレーのぎょにそキーマカレーが写真の奥です。いつものスープですが、さらに山椒のようなピリピリした感じもほのかに感じられよりスパイシーに仕上がっています。そして、冗談のネタ、ぎょにそとは魚肉ソーセージのこと。魚肉ソーセージをキーマ(=挽き肉)のように(?)ちぎってスパイシーに味付けられたものが、これでもかと入っています。これは、旨みがあって美味しいですよ。さらに、食感のよいキクラゲやヤングコーン、カリフラワーに加え、ジャガイモやニンジン、ピーマンなんかも入って満足感のあるカレーに仕上がってます。

ただ、ちぎったソーセージでキーマというのは、多少無理がある気が…(^^;

それはともかく、11周年&20周年おめでとうございます!!

店名:カレー魂 デストロイヤー
住所:札幌市中央区南4条西21丁目 第5藤栄ビル 1F
電話:11:30〜14:30, 17:00〜21:00
営業時間:011-512-2209
定休日:木曜
ホームページ:http://www5d.biglobe.ne.jp/~pulu2-cr/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年04月01日現在のものです

posted by ふすか at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

スープもライスもいつもと違う! - 天竺Jr.

東区のスープカレー店天竺Jr.さんに行ってまいりました。

天竺Jr. 入り口

前回のレビューはこちら

この天竺Jr.さんは、東区役所方面から札幌中央郵便局の裏の卸センターに抜ける斜め通り、いわゆるファイターズ通り沿いに位置しているお店。店内は、暖色系の内装に統一されていて、なかなかポップな雰囲気のお店。

そして、この天竺Jr.さんメニューの方はというと、北海道マハラジャカレー(1,050円)を筆頭に、ラムラーに大人気のキーマカレー(950円)やシーフードカレー(1,400円)など、多彩なメニューが取り揃えられております。

そんな中から、毎月前半と後半で半月替わりで登場する今月のカレー(1,000円)が今回のお目当て。3月後半のカレーは、コルマ風ベジタブルとチキンビリヤニ(1,000円)で、辛さはV2にしました。さらに天竺Jr.さんの鉄板トッピングのチーズワンタン(100円)も一緒に注文です。

天竺Jr. コルマ風ベジタブルとチキンビリヤニ(V2 1000円) チーズワンタン(100円)

今回は、いつものスープとはちょっと違うコルマ風スープということで、やや色が淡い褐色のスープになっています。味の方も、いつものスパイシーな感じの中にナッツのような香ばしい味わいがあってこれは力強い感じでまた美味しい。スープの中には、人参にジャガイモ、キャベツにオクラ、うずらの玉子にレンコン、パプリカにナス、ムング豆などが入っていますが、スープに力があるので、このシンプルな内容でも十分なボリューム感を味わえます。

そして、今月のカレーの目玉はライスの方。通常のターメリックライスではなく、インドのお祝いご飯メニューというべきチキンビリヤニ。スパイスで炊き込んだ炊き込みご飯ですが、スープを引き立てるような素朴な味わいも感じられて、毎日食べても飽きないような安心感があります。

定番のチーズワンタンも安定の美味しさでしたが、スープを味わうとラムキーマトッピングでも面白い味わいになったなと、少しだけ後悔(笑) これは、次の楽しみですね☆

店名:南インドスープカレー 天竺Jr.
住所:札幌市東区北7条東3丁目 タウンローヤル73 1F(ファイターズ通り沿い)
電話:011-711-1008
営業時間:11:00〜21:00
定休日:火曜
ホームページ:http://www.jr-tenjiku.com/

より大きな地図で ふすかのEating Recorder 食べ歩記マップ を表示

※ 本情報は2015年03月27日現在のものです

posted by ふすか at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

古民家でリッチなカレーを - 奥芝商店 札幌総本店

本当に久々に、奥芝商店 札幌本店さんに行ってきました。

奥芝商店 入り口a

前回のレビューはこちら

奥芝商店さんは2006年12月のオープン以来、今では札幌を代表するスープカレー店と言っても差支えのない人気店。もう、全道各地はもとより全国にまで支店があります。

この奥芝商店 札幌本店さんは、札幌市電の西線9条旭川公園通駅からすぐ、市電通りより1本東側の通り沿いにひっそりとたたずむ古民家を改装したお店。ガラガラと引き戸を開けて、靴を脱いで店内にはいる趣のあるスタイルです。そして、店内も、まんま民家で座席がソファーとかは当たり前。そんな中、BARカウンターだけが異彩を放っています(^^;

そしてメニューは、まずスープの選択から、奥芝商店の代名詞というべき海老スープのおくおく(+100円)と定番のチキンスープのしばしば、そして冬季限定の牡蠣スープ(150円)から選びます。次にメインメニューを選びます。定番のやわらかチキンかりーの巻(1,010円)や特選彩り野菜のかりーの巻(1,010円)をはじめ、特選和牛モツかりーの巻(1,400円)や自家製タレに漬け込んだジンギスカンかりーの巻(1,350円)といった気になるメニューまでいろいろ揃っています。さらにブロッコリーやホールトマト、アボガドなど数種類のトッピングから1品無料で選択し、辛さを0番零月1番睦月、…、12番師走(6番水無月〜は有料)の月にちなんだ辛さから選んで注文します。

今回は牡蠣スープ(150円)でMAX男気かりーの巻(1,380円)を辛さ6番の水無月で注文です。

奥芝商店 札幌総本店 MAX男気かりーの巻[牡蠣スープ(150円)](6水無月 1380 50円)

それで、出てきたのは濃褐色のさらさらスープ。牡蠣スープといいつつも海老の旨みも感じられる濃厚な旨みのスープで、これはリッチな味わいです。そして、このMAX男気かりーの巻はメイン具材がすごい。ふわふわ柔らかなチキンレッグに大きな唐揚げ、厚切りのベーコンと角煮に大きな餃子が入っており、さらにニンジンやナス、ピーマンにシメジ、キャベツにゆで卵など盛りだくさんでした。

ちょっと価格的に高めの設定ですが、その分満足度も高い一杯でした☆

店名 :スープカリー 奥芝商店
住所:札幌市中央区南8条西14丁目2-2
電話番号:011-561-6662
営業時間 :11:00〜15:00, 17:30〜24:00
定休日 :不定
ホームページ:http://okusyo.com/

※ 本情報は2015年03月23日現在のものです

posted by ふすか at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

さすが老舗の安定感 - ヴォイジュ(VOYAGE)

ホント久々に老舗スープカレー店ヴォイジュ(VOYAGE)さんに行ってきました。

前回のレビューはこちら

このヴォイジュさんは、北大前通り沿い、北24条駅から比較的近い位置にあるスープカレー店。かつて、北大生から人気に火が付いたといわれるスープカレーブームの火付け役ともいえる老舗のスープカレー店です。

そして、このヴォイジュさんのメニューは、アッサリ系スープマンダラ卍曼陀羅vol.2と日替わりの濃厚系スープ(+50円)の2種類からベースのスープを選択することから始まります。ちなみに、この濃厚系スープは月・金曜のアーユルヴェーダー薬膳、火・土曜のマサラタイフーン、水・日曜のNEW YORK、木曜の夏島の4種類が日替わりで登場しています。そして、スープの次にメインの具材を選択し、Level1〜5(3以上は有料)の5段階の辛さから選択して注文するシステム。

そこで、今回は濃厚系スープ夏島スープ(+50円)で北海道新冠産黒朱白豚のやわらか煮(1,280円)を辛さLevel2で注文。さらにトッピングで舞茸一塊(200円)を追加しました。

Voyage 北海道新冠産黒朱白豚のやわらか煮[夏島スープ](Level2 1280円 50円) 舞茸一塊(200円)

出てきたのは、褐色のさらさらタイプのスープカレー。濃厚系スープといいつつもダシの旨みがしっかり感じられるタイプで、さらに上品なスパイスでバランスよく仕上げられている、流石老舗というべき美味しいスープです。

そして、メインの豚のやわらか煮が、ホロホロっとしてホント柔らかい。その他、しっかりと調理されたニンジンにピーマン、ナスにレンコン、ジャガイモにカボチャとウズラの玉子がわきを固めています。さらに、トッピングのマイタケの素揚げが、それだけでボリューム満点でGood。

安定の満足度のカレーを堪能させていただきました☆

店名:soup curry 札幌ヴォイジュ(VOYAGE)
住所:札幌市北区北22条西5丁目 第11松井ビル1F
電話:011-758-2500
営業時間:11:30〜23:30(Lo22:45)
定休日:無休
ホームページ:http://www.sapporo-voyage.com/

※ 本情報は2015年03月19日現在のものです

posted by ふすか at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

レアで豪華なスペシャルカレー - ダワット・カフェ

昨年、北大の近くにオープンしたインドカレーのお店ダワット カフェ(DAWAT CAFE)さんに寄ってきました。

DAWAT CAFE 店舗

このダワット カフェさんは、北大前通り沿い、環状通りと北18条通りのほぼ中間くらいの位置にあるインドカリー専門店。店内のカフェスペースでカレーを食べることも、テイクアウトもどちらでも可能です。ちなみに、カレーを食べるほか、店内ではイスラム教で食べることが認められているハラル認定のスパイスや食材も販売されていました。

このダワット カフェさんのメニューは、チキンカリー(650円)やマトンカリー(850円)、ビーフカリー(900円)などがあり、さらにセットメニューも揃えられています。また、日曜・火曜・木曜限定でビリヤニ(850円)も販売されています。さらに、ビリヤニがある場合に限り、ビリヤニの上にチキンカリーが乗ったBIRYANI丼(1,000円)というスペシャルなメニューもあります♪

そこで、今回は運よくビリヤニが残っていたので、そのスペシャルなBIRYANI丼大サイズ(1,250円)で、辛さ激辛で注文。テイクアウトにしたので、容器代(+50円)も必要でした。

DAWAT CAFE BIRYANI丼(大 1250円)Take out(50円)

カレー用の容器いっぱいのビリヤニが入っており、その上にチキンカレーがたっぷりとかかっています。テイクアウトだったためにかなりカレーがビリヤニにしみこんでいますが(^^;

このダワット カフェさんのビリヤニは、ゴロゴロとチキンやスパイスが入っていて、かなりボリューミーかつスパイシーで美味しい。さらに、激辛のチキンカレーも合わさってとても贅沢なメニューになっています。

曜日限定で、さらに数量限定のためなかなかレアなメニューですが、機会があれば必食の一杯ですよ☆

店名:ダワット カフェ(DAWAT cafe)
住所:札幌市北区北17条西4丁目1-11 ニューエルム 1F
電話:070-5288-9703
営業時間:12:00〜20:00(金曜 13:30〜)
定休日:土曜

※ 本情報は2015年03月18日現在のものです

posted by ふすか at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。