2015年05月02日

旭川で尖ったスパイスを - アジア金星堂

旭川のカレー店のアジア金星堂さんに行ってみました。

アジア金星堂kinsedo shop.jpg

このアジア金星堂さんは、旭川の厨房橋通りと花咲通りの交差点にほど近いカレー店。アジアンテイストたっぷりの店内で、さまざまなカレーが楽しめるマニアックなお店だということ(^^;

そのメニューはというと、日本型ルゥカレーのジャパンカレェハロハロ(チキン&ポークミックス)(850円)など4種類をはじめ、スープスタイルのサッポロスウプカレエ(1,050円〜)、ココナッツとハーブのテイストのタイのカレー(1,200円〜)、あま辛さらさらタイプのインドネシアのカレー(1,200円〜)、さらにインド、パキスタンのカレー(1,050円〜)など、系統別に20種類以上の多様なカレーが取り揃えられています。そして、辛さも0番(家庭用カレーの中辛程度)から5番(+150円)、そしてその上のX番(+250円)まで6段階。基本が中辛以上の辛さのため、子供向けのカレーは無いそうです。また、メニューによって選択できる辛さが決まっています。

多数のカレーがあり、かなり迷いましたがインド、パキスタンのカレーから南インド風のスープカレーのチキンビンダルー(1,050円)を辛さ4番で注文しました。

アジア金星堂 チキンビンダルー(4番 1050円) chikin

出てきたのは、深めのどんぶりに入った真っ赤なさらさらタイプのスープ。その中に、たっぷりと具材が入っています☆ スープは、表面に張った油膜をかき分けてすくったスープは、刺激的なスパイスが一気に口の中に広がり、その後にトマトの旨みと柔らかな酸味が口に広がります。そして、その味わいが、サラッと去っていく非常に切れ味の鋭いスープです。これは、他では食べたことのない独創的なスパイス使いで、面白い。

そして具材は、2つにカットされた骨付きチキンレッグの他、ニンジンにジャガイモ、ナスにピーマン、パプリカに白菜、コーンにニラ、水菜に半熟玉子、そしてヌードルが入って盛りだくさん。

決して万人受けしない尖がった味わいのカレーですが、また食べたくなる不思議な魅力のある一杯でした☆

店名:アジア金星堂
住所:旭川市東5条11丁目2-1
電話:0166-25-1503
営業時間:11:00〜14:00, 17:00〜21:00
定休日:火曜・第1, 第3水曜

※ 本情報は2015年05月02日現在のものです

posted by ふすか at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418447797

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。