2015年04月07日

南北カレー祭り! - Jhad Pul(ジャッド プール)

昨年9月に彗星のごとく円山にオープンした南北のインドカレー店Jhad Pul(ジャッド・プール)さんに行ってまいりました。

Jhad Pul 入り口1.jpg

このJhad Pulさんは、円山と旭ヶ丘の間、西25丁目通りから細い仲通りを入ったところにある民家を改修したお店。はっきり言って場所を知らないと一回で行くのは難しい隠れ家的なお店です。

そして、このJhad Pulさんの特徴としては、一般的なインドカレーのイメージの強い北インドカレーと、ヘルシーなインドカレーとして最近人気の南インドカレーの両方のカレーが楽しめるお店。その上、それぞれのカレーのレベルが高い!これは、探してでも行く価値はあります。

ですから、メニューには北インドカレーと南インドカレーの両方がたくさん載っています。特に、札幌では珍しい北インドのカレー定食というべきディナー・ターリー(2,300円)や南インドのカレー定食のディナー・ミールス(2,300円)が常に食べられるのがうれしい限り。

今回は、このJhad Pulさんで、スペシャルなカレーを堪能しようとカレー好きが集まりました☆

まずは、先日から登場し始めた南インドの軽食の代表メニューマサラドーサ(750円)を前菜(?)として注文です。

Jhad Pul マサラドーサ(750円)

この豆や米のペーストを発酵させてクレープ状に焼いたドーサが美しい。その中にはポテトマサラが詰め込まれており、ココナッツチャトニやサンバルを付けながら食べます。ドーサはモチモチしていて見た目よりも重たい食べ応え。ポテトマサラも美味しく、これだけでも結構満足です。

ですがしかし、今日のメインはここからです!

Jhad Pul マトンビリヤニ&ディナーターリー&ディナーミールス

完全予約制で3名分以上から注文のマトン・ビリヤニ(1,800円/人)をメインに、ディナーミールス(2,300円)とディナーターリー(2,300円)の南北インドの定食がそれぞれ並ぶ、盆と正月が一緒に来たようなお祭り状態。これは壮観です。

マトンビリヤニは、サフランの高貴な香りにスパイスやラムの旨みが合わさり、贅沢な味わいです。そして、一緒に出てきたビリヤニグレービーやライタというヨーグルトソースと合わせると、また味わいが変わって旨い。ミールスやターリーも数種類のカレーや主菜がたっぷりと味わえて、どれも美味しい。みんな無言で貪り食ってました(^^;

さらに、単品でチキン65なんかも堪能して、大満足のカレー祭りでした☆

こんなに贅沢をしてしまって、満足感とともに罪悪感も感じずにはいられないくらい、豪勢な食事でした(^^;


店名:Jhad Pul(ジャドプール)
住所:札幌市中央区南6条西24丁目3-21
電話:011-520-4600
営業時間:11:00〜15:00, 18:00〜22:00
定休日:不定休(ホームページで確認可能)
ホームページ:https://www.facebook.com/jhadpul

※ 本情報は2015年04月07日現在のものです

posted by ふすか at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418128580

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。