2015年03月03日

裏オプション(?)の直盛りです! - 南インド屋

今日はひな祭りですが、札幌でも珍しい南インドの定食であるミールス専門店南インド屋さんに行ってまいりました。

f292476556cb.jpg

前回のレビューはこちら

この南インド屋さんは、地下鉄東西線の西18丁目駅の1番出口からそのまま円山方向(西方向)に1丁進んだところにあるとれび庵さんで間借りして営業されているお店。定休日以外にも、たまにお休みしていることがあるので、フェイスブックや電話で営業を確認してみると安全です(^^;

この日の南インド屋さんのメニューは、菜食主義者向けの南インド定食ベジタリアンミールス(1,200円)と非菜食主義者向けのノンベジタリアンミールス(1,200円)の2種類。今回もやはりノンベジタリアンミールス(1,200円)を注文しましたが、さらに裏オプション(?)の直盛りでお願いしました!

南インド屋 ノンベジミールス[直盛り](1200円)

ミールスは基本的に金属製のカトリ皿に入ったカレーや漬物など副菜が並べられ、そしてライスやパパドの乗ったワンプレート料理。ですが、今回お願いした直盛りは、プレートに直接盛り付けられていて、より混ぜ混ぜしやすくなってます。ただ、ミールスに必須のラッサムというペッパーウォーターとも呼ばれる酸味と辛みのあるトマトベースのさっぱりとしたスープと、サンバルと呼ばれる豆ペーストのトロっとしたスープ、あとダヒというヨーグルトはカトリ皿に乗って登場です。

直盛りは、カトリ皿に入っていないというだけでなく、盛り付けにもこだわりがあります。通常、南インド屋さんのミールスは、日替わりカレーが2種類食べられるのですが、今回のダル(豆)のカレーは、ライスの上にたっぷりとかけられていて、よく味がなじんでます。そして、もう一品の玉子のカレー、この玉ねぎの形の残るカレーソースが格別に旨い。今日一番のヒットです♪

そのたアチャールという漬物、ポリヤルという炒め物など好みに合わせて混ぜ混ぜして食べると美味しいです。

この南インド屋さんのミールスは、本場と同様にラッサムとサンバル、そしてライスがお替り自由。今回もたっぷりといただいちゃいました。

店名:南インド屋
住所:札幌市中央区大通西20丁目1-3 ライフ清水ゾーンビルB1F「とれび庵」内
電話:011-788-3801
営業時間:12:00〜15:00(土日祝日のみ), 18:00〜21:30
定休日:基本的に水・木曜
ホームページ:https://www.facebook.com/minamiindoya/

※ 本情報は2015年03月03日現在のものです
posted by ふすか at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415253337

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。