2015年01月31日

本格 南インド定食が食べられるお店 - 南インド屋

昨年11月のオープンより札幌のカレー好きの間で話題のお店南インド屋さんに行ってまいりました。

84633fdf947a.jpg

この南インド屋さんは、地下鉄東西線の西18丁目駅の1番出口からそのまま円山方向(西方向)に1丁進んだところにあるとれび庵さんで間借りして営業されているお店。店名の通り、南インドの定食であるミールスを提供している札幌では珍しいお店。また、たまにお休みしていることがあるので、フェイスブックや電話で営業を確認してみると安全です(^^;

この日の南インド屋さんのメニューは、菜食主義者向けの南インド定食ベジタリアンミールス(1,200円)と非菜食主義者向けのノンベジタリアンミールス(1,200円)の2種類。当然のごとくノンベジタリアンミールス(1,200円)を注文しました☆

-1200_thumb.jpg

ミールスは基本的に写真のようにプレートに複数種類のカレーと漬物や副菜、そしてライスの乗ったワンプレート料理。そして、ミールスにはラッサムというペッパーウォーターとも呼ばれる酸味と辛みのあるトマトベースのさっぱりとしたスープと、サンバルと呼ばれる豆ペーストのトロっとしたスープが乗っているのが定番。

南インド屋さんのミールスももちろん、この2種類のスープに日替わりカレーが2種類、それにアチャールという漬物、ポリヤルという炒め物、日替わりの付け合わせにパパドという豆のせんべい、それにヨーグルトとインドの長粒米のライスという内容。さらに、本場のミールスと同様にラッサムとサンバル、そしてライスがお替り自由。本格的です♪

このミールスの食べ方は、中央のライスに多様なカレーやスープ、漬物や付け合わせ、ヨーグルトまでぐちゃぐちゃと混ぜ合わせて食べる。なので、プレートにはスペースが足りないので、まずは各器をプレートの外に移動することから始めます(笑)

今回の日替わりは、インド風オムレツとバナナのカレーにキャベツのトーレン(ポリヤル)。特にバナナのカレーはインドのサトイモも一緒に入っていてシャクシャクとした食感で面白い上、美味しい。それに、南インド屋さんのラッサムがかなり美味しい!酸味に加えてスパイシーな感じでパンチのある味に仕上がっています。また、長粒米は本場と同じく湯取り法で炊き上げられているので、パラパラでカレーによく合います。それに、ライスにポディというインドのふりかけが何気なく振り掛けられていてポイントアップです☆

平日の夜に営業もされているので、仕事帰りに寄るのもアリですね♪(ビルの正面に3台分の共用駐車場もありますし^^)

店名:南インド屋
住所:札幌市中央区大通西20丁目1-3 ライフ清水ゾーンビルB1F「とれび庵」内
電話:011-788-3801
営業時間:12:00〜15:00(土日祝日のみ), 18:00〜21:30
定休日:基本的に水・木曜
ホームページ:https://www.facebook.com/minamiindoya/

※ 本情報は2015年01月31日現在のものです
posted by ふすか at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413344219

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。