2010年01月23日

本格派 刑事ものミステリーはいかが?

先日読み終えた小説。

第三の時効 (集英社文庫)
4087460193

小説は、横山秀夫氏によるF県警捜査一課を舞台とした6編の短編が連なったミステリー。
著者の横山秀夫氏は、映画にもなった「半落ち」やテレビドラマになった「顔 FACE」の原作者。っということを、読み始めてから知りました(^^;
この「第三の時効」の舞台となるF県警捜査一課の強行係という殺人事件を取り扱う、いわゆる花形部署。歴代の刑事もの小説で使い古された舞台です(^^;
しかし、ここには取調べでカツ丼を食べさせる人情派の刑事も、犯人に撃たれて"何じゃこりゃ〜"って叫ぶ刑事登場しませんそもそも銃撃戦なんて描かれてませんし…
ただ、1班を率いる決して笑わない"青鬼"朽木班長、2班の公安上がりの"冷血"楠見班長、3班を束ねる動物的勘を持った"天才"村瀬班長の3人三班がただただ犯人を挙げるためだけに競い合っている殺伐とした情景が事件を通してありありと描かれています。
ただ、これが面白い。
アリバイ、息詰まる心理戦、密室トリック、食い違う証言、強行捜査など刑事もので見慣れた設定でありながら、登場するアクの強い面々と最後のどんでん返しで、どの作品もダレることなく読めました。これこそ正統派の刑事ものミステリーです!
posted by ふすか at 19:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2010年06月26日 17:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

第三の時効 横山秀夫
Excerpt: F県警捜査第一課が遭遇する難事件の数数。 あやふやなアリバイこそが実は鉄壁のアリバイになりうるという、 容疑者の仕掛けた狡猾な罠に挑む...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2010-06-26 16:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。